介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修など介護の資格なら、カイゴジョブアカデミーにお任せください。資格の取得から就業支援までを幅広くサポート。介護未経験の方でも丁寧に指導致します。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)とは?

更新日:2021/9/29

カイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修

受講料:31,900円〜 (税込・テキスト代込)

「未経験から介護の仕事を始めたい」
「介護現場で働きたい」
「家族の介護が必要になった」
という方におすすめの資格である介護職員初任者研修。

無資格・未経験でも働くチャンスのある介護業界ですが、介護の登竜門的な資格である「介護職員初任者研修」を取得することで自信をもって働くことができます。

初めて介護の仕事に就く方や訪問介護員(ホームヘルパー)として訪問介護事業所で働く方、介護福祉士を目指す方にとっては、必須の資格といえるでしょう。

そんな介護職員初任者研修の取得方法やメリットなど詳しく説明します。
これから介護職を目指している方や関心のある方は、ぜひ参考にしてください。

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは、介護の基礎的な知識やスキル(食事、入浴、排泄などの介助や生活援助など)を学ぶ介護職の入門資格です。
以前は「ホームヘルパー2級」や「介護職員基礎研修」が存在していましたが、2013年4月にこれらが廃止となり、同等の資格として介護職員初任者研修が誕生しました。

介護職員初任者研修は介護職のスタートライン

厚生労働省はサービスの質の向上と介護人材のキャリアアップを図るため、2013年に「介護人材のキャリアパス」を作成しました。
エビデンスに基づいた専門性の高いケアと介護職が段階的にキャリアアップしていく道筋となるものです。
初任者研修は介護職のスタートラインとなります。
実務経験を重ね、実務者研修や国家資格の介護福祉士、最上位資格の認定介護福祉士への道のりの第一歩となります。
介護職員初任者研修のキャリアアップ



介護職員初任者研修修了者の活躍の場

資格を取得したあとの活躍の場としては、訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)があげられます。
ほかに特別養護老人ホームや有料法人ホームなどの入居施設はじめ、デイサービスやデイケアなどの通所施設など多岐に渡ります。
無資格・未経験者に比べて、知識とスキルを有する人材として就職や転職でも有利になりやすく、働き方や職場の選択肢が広がります。

介護職員初任者研修の具体的な内容

では介護職員初任者研修で学ぶ内容や受講期間などをご紹介します。

受講資格

介護職員初任者研修には学歴や年齢、資格の有無などの制限はありません。
誰もが受講でき、知識ゼロから介護職のキャリアパスを歩むことができます。

介護職員初任者研修のカリキュラム

厚生労働省が発表している.研修科目及び研修時間数は以下の通りです。

【初任者研修の研修科目及び研修時間数】
科目 時間数
職務の理解 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 6時間
老化の理解 6時間
認知症の理解 6時間
障害の理解 3時間
こころとからだの仕組みの生活技術 75時間
振り返り 4時間
合計 130時間


全国共通の講義と演習によって、介護知識の基本と実践的な介護技術を学ぶことが出来ます。
(細かい講義内容や試験はスクールにより若干異なります)


試験はあるの?受講内容と修了試験難易度

「介護のことが全く分からない」「はじめて介護の勉強をする方」に向けた研修ですので、分かりやすく丁寧な研修が行われます。

130時間の研修後には選択制の修了試験が実施され合格することで修了となります。
「試験に合格できるか不安…」という方も多いでしょう。
気になるのはその難易度ですね。

介護職員初任者研修の修了試験は、 “落とすための試験”ではなく“講習で学んだ内容の振り返りのための修了試験”ですので難易度は高くありません。
これまでの受講内容をしっかり学べば十分合格できるレベルです。
また、講師の方にもよりますが、試験に出やすい部分は強調して伝えたりマーカーの指示を出したりしてくれることも多いでしょう。
不合格となっても再試験が実施されるので、受講生はほぼ100%合格されるケースがほとんどです。

注意点が2つ。
以下のような場合、資格取得は難しいので気を付けましょう。

・定められた受講時間数、科目数を受講しなかった場合
・修了試験を受験しなかった場合

学習の取り組み姿勢も大事といわれていますので、態度や姿勢には気を付けましょう。

資格を取得するまで、受講期間はどれくらい?

介護職員初任者研修の既定の受講時間は、130時間となり、座学での講義や介護演習、1時間の修了試験です。(スクールによって施設見学もあります)

受講期間はスクールによって異なり、14日~3カ月程度が受講期間の目安となります。
例えばカイゴジョブアカデミーでは、最短で14日のカリキュラムで資格取得が可能です。

※介護職員初任者研修の時間数や講座内容は、都道府県の規程によって異なります。
※資格取得後は、どの都道府県でも「介護職員初任者研修修了者」となります。

より実践的な学習!ホームヘルパー2級との違いは?

ホームヘルパー2級が廃止され介護職員初任者研修が誕生し、学習内容も変わりました。
違いは主に4つ。

・在宅ケア中心の学習から在宅・施設ケア等介護分野全般を学習
・医療との連携・認知症の理解の項目が新設
・30時間の実習がなくなり介護実技演習の時間が約90時間に増加
・研修修了時に修了試験が実施

POINT
介護職員初任者研修での学びは、介護現場においてエビデンスに基づいたケアと即戦力となる人材育成を目的にしています。


取得方法は、通信と通学の2種類

介護職員初任者研修に必要な130時間の受講は、通信コースと通学コースがあります。
それぞれ詳しくみていきましょう。

働きながらもOK!通信コース

介護の仕事をしながら受講する場合におすすめなのは通信コースで、働きながら自分のペースで受講できます。
通信コースは自宅学習を中心に、通学にて介護の実践技術を学ぶ演習を学びます。
介護職員初任者研修は通信だけでは修了できず、資格取得には通学も必須となるので注意が必要です。

自宅学習を行う時間は最大40.5時間となり、テキストによる学習と決められた課題の提出を行います。
通学の日数は週1~4回とスクールによって異なりますが、ご自身のライフスタイルに合わせた学習ができることがメリットです。

※都道府県によって、通信で学習できる内容が変わる場合があります。

POINT
通学日数が少ないので働きながらでも受講しやすい
通学コースよりも受講費用が安いケースが多い


最短で資格取得!通学コース

初任者研修を開講しているスクールに通いながら授業を受けるスタイルです。
スクール・コースによって、平日コース(週1~4回など)、土日コース、夜間コースなど、コマ数や通学日数、取得期間などスケジュールは様々です。
どれでも厚生労働省が定めた規程の130時間を受講すれば問題ありません。

POINT
介護経験豊富な講師から、実践的なアドバイスや事例を聞ける
分からないことをその場で質問できる
共に学ぶ仲間がいることでモチベーションアップにつながる



介護職員初任者研修を取る5つのメリットとは?

介護職員初任者研修には、資格取得によるメリットが5つあります。

メリット①:はじめて介護を学ぶ方にぴったり

介護職員初任者研修では、介護保険制度の概要や高齢者コミュニケーション、基本的な介護技術などをゼロから学びます。
全く介護の知識がない方や多職種からの転職を考えている方も安心して受講することができるでしょう。

介護職員初任者研修は有効期限がなく更新の必要がありませんので、ゼロからスタートしても取得すれば一生役立つスキルとして活用できることもメリットです。


メリット②:就職や転職に有利!就職難になりにくい

介護福祉業界は、超高齢社会により介護を必要とする高齢者が急増していることから介護人材が不足しています。
2021年7月9日に公開された、厚生労働省の「介護人材確保に向けた取り組み」によると、必要な介護職員の人数は以下の通りです。

2023年度には約233万人(+約22万人)
2025年度には約243万人(+約32万人)
2040年度には約280万人(+約69万人)

介護職員の必要数

介護職員初任者研修の資格を取得すると、介護の知識と技術を身に着けた人材としての証となり、履歴書に記載できます。
利用者の身体に直接触れる「身体介護」は資格がないと行えませんので、求人によっては必須の資格要件としているところもあります。
そのため介護業界からのニーズが高く、採用時に有利となるでしょう。

また、介護業界はコロナ禍であっても安定した雇用が継続し、多くの人材募集が続いています。

メリット③:給料アップ・待遇アップが見込める

“給料が安い”といわれる介護職ですが、介護職員初任者研修の資格取得で資格手当が支給される場合があり、給料アップを目指せます。

厚生労働省の令和2年2月の統計データは以下の通りです。平均給与額に大きな差があります。
また、管理職などやりがいのあるポジションに選ばれる可能性も出てきます。

平均給与額(基本給+手当+一時金)
介護職(無資格) 平均月給 275,920円
初任者研修を所持 平均月給 301,210円
実務者研修を所持 平均月給 303,230円
介護福祉士を所持 平均月給 329,250円

メリット④:キャリアアップにつながる

介護職は実務経験を積むことでキャリアアップできる職種です。

無資格・未経験からはじめ、「介護職員初任者研修」を修了。
実務経験を3年積み「介護福祉士実務者研修」の資格を取得すると、国家資格である「介護福祉士」の受験資格が得られます。
介護福祉士に合格すれば、さらに実務経験を重ねキャリアパスのゴールである「認定介護福祉士」や「サービス提供責任者」「ケアマネージャー」とステップアップも可能です。

メリット⑤:家族や身近な人の介護に役立つ

「介護職員初任者研修」では、考え方などの講義に加えて、プロの講師から介護スキルを学ぶことができます。
例えば、自身の体の負担を最小限に減らして介護する方法なども教わることができ、 家族や知り合いが介護を必要とした場合に、研修の内容を活かせます。

介護職員初任者研修の取得をおすすめな人

介護職員初任者研修は以下の方におすすめです。

・介護福祉業界で働きたいと考えている方
・介護福祉業界で働いていてまだ無資格の方
・他業界から転職を考えている方
・介護の基礎的な知識や技術を身に着けたい方

介護の仕事は未経験・無資格でも働けるところはありますが、知識・スキル面、給与面で資格取得のメリットがあるとお分かりいただけたかと思います。

「給料が安い」「きつい・大変」といわれる介護業界ですが、近年の少子高齢化により介護人材のニーズは右肩上がりで給料や待遇の改善が進んでいます。

参考までに、厚生労働省のデータから介護福祉士(月給・常勤)の平均給与額は、平成29年9月が平均月額304,670円に対し、 令和2年2月には平均月額338,340円と、+33,670円と大幅アップしています。


また、人の役に立つことで利用者さんから直接「ありがとう」をもらうことが出来る仕事です。
働きながらでも効率よく資格取得を目指せますので、資格を取ろうか悩んでいる方はぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか?

カイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修3つの特長

カイゴジョブアカデミーが開講する介護職員初任者研修には、他スクールと比較して3つの特長があります。

① 自宅学習と通学を組み合わせた通信コース


介護職員初任者研修の講座の受講から修了までの流れ

「介護職員初任者研修」の受講から修了までの流れは、 15日間の通学で知識や技術を学び、並行してテキストをもとに自宅学習することで知識を定着させる、いわゆる通信コースになります。
短期集中型の受講スタイルなので、忙しい方や働きながら資格取得を目指している方も負担なく受講できます。

自宅学習した内容は、講師に添削してもらえるため、最大限の学習効果が期待できます。

また、授業を休む場合「電話1本」で、無料で振替が可能です。
修了試験の再試験も無料で受験できるため、不安な方も安心です。

② 経験豊富な専任サポーターへ相談できる

LINEで介護の相談

専任の経験10年以上のプロ介護士さんに、介護のお仕事の入社前や後に、悩みや困りごとを無料で相談できます。
職場の方には聞きにくいことでも、気軽に聞ける心強い味方となります。
スクールで学んだ介護スキルについての確認や、人間関係の悩みについても相談できます。
※LINEサポートは、就業予定の方に向けたサービスとなります。

③ 他と比較して受講料が安い!受講料無料のチャンスも!

一般的なスクールでは、5万円~7万円ほどの受講料や教材費がかかりますが、カイゴジョブアカデミーは、関東・愛知・福岡が42,900円、関西が31,900円と割安です。

安さの理由は、多くの介護事業所から紹介料をいただいて、授業料へ充てているためです。
「安くて大丈夫なの?」と心配している方もご安心ください。
講座の運営は安心の東証一部上場企業で、講師や講座の質が高く口コミも評判です。
分かりやすい授業と駅チカの場所なのが好評です。
人気で講座のスケジュールが埋まっていることもあるため、検討している方はまず相談してみましょう。

また、介護職員初任者研修の無料受講キャンペーンを実施しているので求職中の方は、受講料が無料になるチャンスです。
年間2000人以上の方が無料対象となっています。ぜひご活用ください。

※介護業界へ就業・転職をお考えの方向けの制度です。

初任者研修を完全無料で取れるキャンペーンをみる

初任者研修の受講の流れ

  1. step1 開講式

    初日、30分のオリエンテーションを実施します。その際に、テキスト・課題ファイルをお渡しします。研修中の注意や、課題の出し方等の説明の後、講義が始まります。

  2. step2 講義の受講 + 課題の作成

    介護のプロとなるべく座学で必要な講義を受けます。介護職の仕事内容から、介護保険制度、疾病や老化の理解などを学びます。同時に、自宅学習の成果として、課題を提出します。課題の回答も全てテキスト内にあります。

  3. step3 介護技術演習

    「介護技術」の演習です。介護される人もする人も「安全・安楽」が基本。小柄な方でも技術を学べば、最小限の労力で大柄な方を移動できるようになります。腰を痛めないように、きちんと理論を守って行います。食事・睡眠・排泄・整容などの技術も身に付けます。

  4. step4 総合生活支援演習 + 修了評価

    演習の総まとめと修了評価テストをします。どちらも総復習だけで、難しくありません。もし合格点に達しなくても、無料で何度でも受けられます。

  5. step5 修了証の授与

    修了評価はその日に採点し、修了証をお渡しします。求職者の方は、その後も就業支援サポートを無料で受けられます。

講座の費用

お申し込みタイプ 受講料
通常のお申し込み 東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知の校舎
 42,900円(税込・テキスト代込)
大阪・兵庫の校舎
 31,900円(税込・テキスト代込)
キャンペーン 0円(テキスト代も無料!)

講師からのメッセージ

講師 福田一幸

福田一幸 先生

介護職は利用者の方の「ありがとう」の一言や笑顔が自身の喜びにつながる素晴らしい仕事です。授業では、介護のさまざまな手法の根拠を、丁寧にわかりやすく伝えることを意識しています。とても楽しいのでぜひお越しください!

 

講師 佐藤絵美里

佐藤絵美里 先生

最初は迷いや不安の中、介護の仕事を始めました。やめようかと思うこともありました。そのたびに利用者様やご家族様の言葉に励まされ続けられました。不安があっても大丈夫。きっと周りが支えてくれます。それが介護職の素晴らしさの一つだと思います。


この記事の著者

吉田あい

大阪府出身 現役のケアマネージャー
専門は「高齢者介護論」「社会福祉援助技術論」
「介護現場におけるリスクマネジメント」

特別養護老人ホームや居宅介護支援事業所などの現場で、
介護職を10年以上経験。介護講師経験3年。
WEBライターとして、
介護・医療・転職・健康などのジャンルで執筆700本以上。

カイゴジョブアカデミーにて、介護の仕事や資格について、
実体験を踏まえたお役立ち情報をお伝えします。

【所持資格】
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・介護福祉士
・社会福祉士
・メンタル心理カウンセラー
など