福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員とは

1・福祉用具についての専門家

さまざまな障がいを持った方のため年々福祉用具の種類が増え、最新技術が導入されるなど、福祉用具のアドバイスをするには専門的な知識が必要になってきています。介護が必要な高齢者や障がい者に、車椅子、介護用ベッド、ポータブルトイレ、体位変換器、移動用リフトなどの福祉用具の選び方や使い方についてアドバイスをする専門職です。

2・事業所に必要な重要な役割

介護用品の販売やレンタルなどを行う事業所には、2名以上の専門相談員を配置することが義務付けられています。用具を必要とする方の病状や障がいの度合いをしっかり把握した上で福祉用具を選定し、使い方をわかりやすく指導する大切なお仕事です。

3・事前に取得しておく資格等はありません

受講資格や試験というものはなく、厚生労働省が指定する講習を受講することで取得できます。
※介護福祉士/義肢装具士/保健師/看護師/准看護師/理学療法士/作業療法士/社会福祉士は講習を受けなくても福祉用具相談員の要件を満たしたものと認められます。

福祉用具専門相談員のカリキュラム

日程 内容
1日目 福祉用具と福祉用具専門相談員の役割/介護保険制度等に関する基礎知識
2日目 高齢者と介護、医療に関する基礎知識①
3日目 高齢者と介護、医療に関する基礎知識②
4日目 個別の福祉用具に関する知識①
5日目 個別の福祉用具に関する知識②
6日目 福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識
7日目※ 福祉用具の利用の支援に関する総合演習/修了評価筆記試験

※最終日の筆記試験により再試験になった場合は補講・再試験になります。

講座の費用

お申し込みタイプ 受講料
通常のお申し込み 41,000円(税抜・テキスト代込)
当校の介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級講座)にお申込みの方、または修了生 37,038円(税抜・テキスト代込)

・お支払いはすべてお振込で一括のみになります。
・受講確認書到着後2週間以内にお振込みください。お振込みは銀行・ATMからでも可能です。
・お振込手数料はご自身でご負担ください。
※開講式直前で申し込まれた方については、開講式前日までにお願いいたします。

福祉用具専門相談員が受講できる都道府県