介護の入門資格、介護職員初任者研修の講座内容とは

初任者研修様々な現場で介護職員の募集要項によく登場する資格、介護職員初任者研修とはどのような資格なのでしょうか。難しい試験、それとも実務の経験が必要なのでしょうか?
受講を迷っている方も心配はありません。今回は、介護職員初任者研修について詳しくお話します。介護職の基本を学んで資格を取得すれば、介護の仕事に就く上で大きな助けになるでしょう。

1.介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、ホームヘルパー2級に相当する資格として、2013年4月に誕生した資格です。介護資格の中では取得が容易で、介護知識の基礎として最初に取得するにふさわしい資格となっています。

介護職員初任者研修の目的

介護の仕事に就く上で、スタート地点と言われる資格です。介護職員の募集要項に記載されていることも多く、これから介護職を目指す人は、ぜひ取得しておきたい資格でしょう。
初任者研修の上位の資格としては、社会福祉士及び介護福祉士法に基づく実務者研修という資格があります。実務者研修は、介護施設などでの実務経験がなくとも受講が可能です。初任者研修を修了していると講義の一部科目の免除が受けられます。

介護職員初任者研修を修了するまでの期間

受講時間は130時間。そのうち介護演習を行なう実技スクーリングが90時間必要です。取得には通常3~4ヵ月程度、最短でも1ヵ月程度の時間がかかるでしょう。受講後には筆記による修了試験があり、合格することで資格取得となります。もし不合格だった場合も、再挑戦が可能です。試験内容も、確認の意味合いが強いため、まじめに授業に取り組んでいれば難しくはありません。

介護職員初任者研修の受講費用

地域や主催する企業によってばらつきはありますが、5万~7万円程度で受講できるようです。団体割引や実務者研修とセット受講で、割引が受けられる場合もありますので、主催団体に問い合わせてみましょう。
また、条件を満たせば自治体の助成金を受けることも可能です。公共職業安定所などから、受講料の一部が給付される制度もあるため、確認しておくと良いでしょう。既に就職が決まっている場合は、資格取得に補助金を出してくれる事業所もあります。
カイゴジョブアカデミーでは無料で資格取得と就職サポートを受けれるコースをご用意しています。詳細は以下をご覧ください。

無料で資格取得と就職サポートを受ける!

ヘルパー2級との違い

名称変更と同時に、ホームヘルパーとして在宅で介護を行うことを前提としていた資格が、施設での介護にも対応した受講内容に変更されました。施設での実習もなくなり、代わりに実技スクーリングで実際の現場を想定した介護技術を、時間をかけて学びます。修了試験への合格も必要となりました。ホームヘルパー2級では、受講のみが資格取得の条件であったため、より確かな介護実務への理解が求められています。
また、介護職員初任者研修へ名称と内容の一部を変更することで、国家資格である介護福祉士へのステップとして、より明確な資格にする意図もあるようです。

2.介護職員初任者研修の講座内容

研修と聞くと講義は難しくないか、ちゃんと理解できるのか、と不安に思う方もいるでしょう。主な講座内容をご紹介します。

講義

教材に沿って講義を聞いたり、参加者同士で意見交換をしたりしながら進みます。通信講座や、自宅での学習を取り入れているスクールもあります。

職務の理解

介護保険や介護保険外のサービスについて学びます。制度や介護職の役割についての理解を深めましょう。ステップアップとして、上位の資格を目指す場合にも必要となる知識です。

介護の基本的な考え方

尊厳の保持・自立支援など基本的人権について勉強します。例え要介護状態になっても、守られるべき尊厳と自立について考えましょう。被介護者の自己決定やQOL(クオリティーオブライフ/生活の質の意)の向上など、限られた残存機能のなかでの自立を支援する必要があります。そのため、介護職に求められている姿勢や理念を身に着けておきましょう。

老化の理解

老化の理解では、年齢を重ねることによって起こる心身の変化や、健康について学びます。
老化によって起こるこころとからだの変化を防ぐのは難しいもの。
しかし、正しく理解し支えていくことで、進行を予防することもできます。認知症についての項目にも通じるものがあり、介護業界においては特に身近な問題となります。

介護職の役割と他職種の連携

介護職には様々な職種が関わってきます。そのなかで介護職が負うべき役割と、連携について学びます。例えば、介護の必要性を判断し介護計画を設定するケアマネージャーや、お年寄りの健康管理や医療的な処置を行う医師や看護師など、介護に関わる職種は多いもの。
しかし、実際の介護業務の大半を担うのは介護職となります。そのなかで知り得た情報を、医師やケアマネージャーなどと共有することで、協力してお年寄り一人一人に合わせたサービスを提供する仕組みになっていることを理解しましょう。

実技

実技は、受講者同士で患者役と介護者役に分かれて行う、ロールプレイ方式で進めることが多いようです。受講者同士で行うことに気恥ずかしさを感じることもあると思いますが、実際に体を動かしながら身に着けた知識は忘れにくいもの。
また、患者役をすることで、どうすれば被介護者に負担のない介護ができるか、考える手掛かりにもなります。

ベットメイキング・体位変換

ベットメイキングとは、主にシーツ交換を指します。慣れないうちは、シワにならないようにシーツを交換するのはなかなか難しいです。しかも、シーツのシワは、褥瘡の原因になることもあるので、時間の許す限り練習しておくといいでしょう。一日の大半をベット上で過ごすお年寄りも多いため、ベットを整えることはその人の生活の場を整えることにもつながります。
また、体位変換は、自分で体を動かせないお年寄りの寝返りを助け、褥瘡の予防を目的として行います。単に体の向きを変えるだけではなく、いかに安楽な姿勢を提供するか、体にかかる圧力を分散するかを学びます。
体位変換中の、お年寄りの不安を取り除くのも大事なポイントです。動作の前には、これから体位変換を行う旨を伝え、どちら側を向くかを伝えます。ベットの柵を外す場合は、必ず介護者が柵の無い側に立つように心がけましょう。

車椅子・歩行の介護、移乗の介護

車椅子では、負担のない段差の越え方や、坂道での安全な押し方を学びます。介護現場では日常的に操作することになりますが、フットレストの上げ下げなど事故の原因となることもあるので操作を覚えておきましょう。
歩行介助では、片麻痺や視覚障害のある方への介助も学びます。片麻痺の方には麻痺のない側を支えての介助を行います。視覚障害のある方には、介護者の肩や腕を持っていただき、半歩前を歩くように介助しましょう。
移乗については様々なシチュエーションが想定されます。ベットから車椅子への移乗、ベットからポータブルトイレへの移乗、車椅子からトイレへの移乗、車椅子から椅子への移乗などです。どのシチュエーションにおいても、お年寄りの残存機能を活かしながら、安全に介助することが求められます。
移乗前の声かけはもちろん、移乗後にも起立性低血圧などの心配もあるため、体調や安楽の確認を怠らないようにしましょう。お年寄りを持ち上げるなどの介護が必要となり、介護者の体にも大きな負担がかかりますので、負担軽減のためのボディメカニクスも学びます。

修了試験

筆記による修了試験があります。
確認テストの意味合いが強く、真剣に講義を受けていればそう難しくはありません。100点中70点で合格となり、もし不合格でも再挑戦が可能です。覚える項目が多く感じますが、講義の内容を参考に、重要項目を中心に復習しておくと良いでしょう。

3.介護職員初任者研修の講座の特徴

特別な資格取得条件がなく、誰でも受講可能なのが介護職員初任者研修の大きな特徴です。
施設介護などの就職に優位なだけでなく、家庭での介護にも役立ちますし、高齢者の増え続ける現代社会では、サービス業に就く場合にも無駄になることはありません。その特徴について見てみましょう。

介護のスタート資格

介護職員初任者研修は介護のスタート資格と言われ、介護知識と技術の基礎を習得するための資格です。企業側としては、基礎知識のない職員に対して介護の初歩から教え、指導していくのは骨の折れる仕事です。ましてや、慢性的な人手不足の介護現場ではなおさらでしょう。その点、介護職員初任者研修を取得している人であれば、講義や実技講習によって基本的な介護や心構えが習得できていることが分かりますので、即戦力として採用しやすくなります。

介護職員初任者研修の取得までの道のりが短い(最短、1ヵ月程度)

集中講座などで最短1ヵ月での資格取得が可能なこともうれしいところ。
しかし、無理をして詰め込んでも、途中で講義が受けられなくなってしまっては意味がありません。仕事をしながら資格取得を目指す場合は、3~4ヵ月のコースを選ぶなど、無理のない計画を立てましょう。急な予定変更の可能性のある方は、追加費用がかかる場合もありますが、欠席した講義を振り替えて受けられる制度のあるスクールを選ぶと安心です。
(カイゴジョブアカデミーのように、無料で振り替えができるスクールもあります。)

実務者研修との違い

介護職員初任者研修と名前の似た実務者研修ですが、こちらはより上位の資格となっています。介護職員初任者研修がホームヘルパー2級相当なのに対し、実務者研修はホームヘルパー1級相当。より実践的な技術と知識を学びます。介護福祉士国家試験の受験資格に、実務者研修の修了が含まれたこともあり、キャリアアップに欠かせない資格と言えるでしょう。介護職員初任者研修と同様、受講には特別な資格や実務経験は不要です。
また、介護職員初任者研修を修了している場合には、内容が重複する授業は免除されるため、初任者研修の受講時間も無駄にはなりません。両方取得したい場合は、セット割引が用意されているスクールもあります。

4.介護職員初任者研修の講座を通して得られるメリット

資格保持者になれるので、職場選びの幅が広がる

高齢化の進む社会において、介護業界は慢性的な人手不足にあります。介護の求人は多種多様ですが、介護知識を全く持たない職員を採用することをためらう企業もいまだ少なくありません。その点、介護職員初任者研修を修了していると、介護の基礎を身に着けていることが証明できるため、即戦力として採用の幅が広がります。正社員としての募集も増えるため、安定を求めるなら、まず取っておきたい資格です。スクールによっては就職の支援まで行っているところもあるので、介護業界への就職を考えている方は、参考にするのもいいでしょう。

資格手当てが付き、給料が上がる?

すでに介護職に就いている人は、資格を取得することによって資格手当が付き、収入が増えることもあります。
しかし、介護職員初任者研修は、介護に関する資格の中ではかなり初歩的な資格です。資格手当はごく少額か、付かない可能性もあります。介護職員初任者研修を足掛かりとして、実務者研修や、介護福祉士など資格のステップアップを目指しましょう。
一方、パート職員として働く場合は少し事情が変わります。無資格で働くパートさんも多いため、資格を持っていると重宝されます。中には時給が100円以上も上がる場合もあるそうです。パート職員として無資格で働いている場合は、積極的に介護職員初任者研修を取得してもいいでしょう。

上記のように、介護職員初任者研修は、介護資格の初歩として位置づけられています。すでに介護の仕事に就いている場合は、より上位の資格となる実務者研修を取得した方が、スキルアップや収入の増加につながるでしょう。介護職員初任者研修は、どちらかというとこれから介護を仕事にしたいと考えている人におすすめの資格です。まずは、初任者研修の講座を受け、介護職での採用を目指しましょう。介護現場で実務の経験を積むことで、スキルアップや収入アップが目指せます。

5.まとめ

現代の日本は世界的にも例を見ない、超高齢社会へ突入しました。介護への関心はさらに高まり、介護職の需要も増え続けることでしょう。
介護職を目指すみなさんも、この機会に介護職員初任者研修を受けてみてはいかがですか?多くの介護福祉系企業に求められる、介護の基礎が身に付きます。実際に働きながら上位の資格を目指していけば、国家資格を目指すことも可能です。
介護の入門資格、介護職員初任者研修についてご理解いただけたでしょうか。

介護職員初任者研修に関してはこちら

>>カイゴジョブアカデミーの初任者研修に申し込む

>>カイゴジョブアカデミーの資料請求をする

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる