介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修など介護の資格なら、カイゴジョブアカデミーにお任せください。資格の取得から就業支援までを幅広くサポート。介護未経験の方でも丁寧に指導致します。

教育訓練給付制度とは?資格取得に使える?

更新日:2022/3/04

教育訓練給付制度とは?資格取得に使える?

教育訓練給付制度とは?資格取得に使える?


受講費用の20%(最大10万円)がハローワークから支給される教育訓練給付制度。

雇用保険の被保険者(または被保険者であった方)のうち一定の要件に該当する方が、厚生労働大臣の指定した一般教育訓練を一定の条件を満たして修了した場合に支給される、という制度です。
自分は教育訓練給付制度の条件にあてはまるのか、いくらもらえるのかなど分からないことも多いかと思います。

今回は、教育訓練給付制度の概要と申請について、より金銭的な負担を減らして受講する方法をわかりやすく説明させていただきます。
教育訓練給付を活用し資格取得を目指したい方は、ぜひ参考にしてください。

教育訓練給付制度ってどんな制度?

まず、教育訓練給付制度について説明していきます。

制度の概要

教育訓練給付制度は、能力開発の取組みや中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的として資格取得などの費用を国が補助します。
職業訓練、資格試験の養成校、通信教育など、国の指定を受けた教育訓練機関を使って資格取得にかかった費用など、教育訓練受講で負担した費用の一部が国から支給されます。

対象者

教育訓練給付制度の対象者は、雇用保険に一定期間以上加入をしている労働者で、新しいキャリア形成を目指す多くの方に活用されています。

教育訓練給付を受けるには雇用保険の加入期間などの条件がありますが、パート・アルバイトや派遣労働者の方も幅広く対象となります。

対象講座

教育訓練給付制度の対象となる教育訓練は、約14,000講座。

対象となる具体的な講座は、以下の教育訓練給付制度[検索システム]で対象講座一覧が検索できますので確認してみましょう。


オンラインで受講できる講座や、夜間・土日に受講できる講座など、在職中に働きながら受講することも可能です。

3種類の教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は3種類あり、それぞれ対象となる資格や講座、給付率などが異なります。

1.専門実践教育訓練給付金

まず専門実践教育訓練給付金。
業務独占資格などの取得を目標とする講座を受講した際に、最大で受講費用の70%[年間上限56万円・最長4年]が受講者に支給されます。
受講開始日において雇用保険の被保険者期間が3年以上の方、初めて利用の場合は被保険者期間2年以上で対象となります。


【専門実践教育訓練給付金対象講座例一覧】

〇業務独占資格などの取得を目標とする講座
・介護福祉士、社会福祉士、看護師、美容師、歯科衛生士、
保育士、調理師 など

〇デジタル関係の講座
・ITSSレベル3以上のIT関係資格取得講座
・第四次産業革命スキル習得講座(経済産業大臣認定)

〇大学院・大学などの課程
・専門職大学院の課程(MBA、法科大学院、教職大学院 など)
・職業実践力育成プログラム(文部科学大臣認定) など

〇専門学校の課程
・職業実践専門課程(文部科学大臣認定)
・キャリア形成促進プログラム(文部科学大臣認定)

2.特定一般教育訓練給付金

次に特定一般教育訓練給付金があります。
こちらも業務独占資格などの取得を目標とする講座を受講した際に、受講費用の40%[上限20万円]が受講者に支給されます。

雇用保険の被保険者期間が3年以上の方、初めて利用の場合は被保険者期間1年以上で対象となります。
2回目以降は被保険者期間3年以上かつ給付金受給後3年以上で対象となります。


【特定一般教育訓練給付金対象講座例一覧】

〇業務独占資格などの取得を目標とする講座
介護職員初任者研修、大型自動車第一種・第二種免許、税理士 など

〇デジタル関係の講座
・ITSSレベル2以上のIT関係資格取得講座 など

3.一般教育訓練給付金

最後は一般教育訓練給付金で、受講費用の20%[上限10万円]が受講者に支給されます。

雇用保険の被保険者期間が3年以上の方、初めて利用の場合は被保険者期間1年以上で対象となり、2回目以降は被保険者期間3年以上かつ給付金受給後3年以上で対象です。


【一般教育訓練給付金対象講座例一覧】

〇資格の取得を目標とする講座
・英語検定、簿記検定、ITパスポート など

〇大学院などの課程
・修士・博士の学位などの取得を目標とする課程

教育訓練給付制度の支給申請手続の方法

では資格取得について制度を利用したい場合、どのように申請手続きを行うのかみてみましょう。

申請者

教育訓練給付金の支給申請手続は、教育訓練を受講した本人が行います。
受講修了後、原則として本人の住所を管轄するハローワークに次に説明する書類を提出します。

※疾病又は負傷、1ヶ月を超える長期の海外出張等その他やむを得ない理由があると認められない限り、代理人又は郵送によって行うことができません。
※やむを得ない理由があると認められるか否か及び必要な証明書については、事前に本人の住所を管轄するハローワークに確認が必要です。

提出書類

下記の書類が必要となります。

・教育訓練給付金支給申請書
教育訓練の受講修了後、教育訓練施設が用紙を配布)

・教育訓練修了証明書
指定教育訓練実施者が、その施設の修了認定基準に基づいて、受講者の教育訓練修了を認定した場合に発行

・領収書
指定教育訓練実施者が、受講者本人が支払った教育訓練経費について発行。
クレジットカード等による支払いの場合は、クレジット契約証明書(又は必要事項が付記されたクレジット伝票)が発行

・本人・住所確認書類
運転免許証、マイナンバーカード、住民票の写し、雇用保険受給資格者証、国民健康保険被保険者証、印鑑証明書など

・雇用保険被保険者証
雇用保険受給資格者証でも可

・教育訓練給付対象期間延長通知書
適用対象期間の延長をしていた場合に必要

・返還金明細書
「領収書」「クレジット契約証明書」が発行された後で教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して還付された(される)場合に、指定教育訓練実施者が発行

申請のタイミング

教育訓練給付は、教育訓練の受講修了日の翌日から起算して1ヵ月以内に支給申請手続を行います。
これを過ぎると申請が受け付けられないので注意してください!

※虚偽の届出、他人名義での支給申請等の不正な行為により教育訓練給付を受けた場合は返還命令の対象となります。
また受けようとした場合でも不支給となり、支給を受けた額の2倍に相当する額以下の額の納付命令を受けることになりますので、適正に手続きしなければいけません。

再就職・再転職に有利な講座はどれ?

「教育訓練給付で費用の負担が減るなら資格取得してみようかな」と、キャリアアップ・キャリアチェンジを目指す方も多いかと思います。
目指したい資格がある方はその資格が対象となっているか確認されるかと思います。
しかしキャリアプランがまだ明確になっていない場合、約14,000講座とたくさんの対象講座から自分に合った講座を見つけるのは至難の業です。

そこで多くの求職者に選ばれている資格が介護資格です。
例えば介護職員初任者研修を取得すれば、全国各地で求人のニーズがあり再就職・再転職しやすいメリットがあります。
また、実務経験を重ね介護福祉士の資格を持っていれば管理者やリーダー職などキャリアアップ、収入アップを目指すことができます。

もしあなたが「何の資格を取ろうかな」「少し介護の仕事に興味がある」というなら、介護資格を取得することをおすすめします。

カイゴジョブアカデミーは制度の対象となっている?

では先述した介護資格は教育訓練給付制度の対象となっているのか、介護の資格を取れる学校カイゴジョブアカデミーのケースをみてみましょう。

教育訓練給付制度の検索システムでスクール・キーワードから検索“カイゴジョブアカデミー”を検索すると、以下の制度の対象となる講座一覧が確認できます。


・介護職員初任者研修通信コース
・介護福祉士実務者研修通信コース

それぞれ訓練期間や実施場所、受講方法、対象者が異なるため、制度を活用して受講する場合は確認して受講しましょう。

カイゴジョブアカデミーの受講料

ではいったいいくらかかるの?と気になるのが受講費用です。
検索システムでの最も安いコースが以下のとおりです。


・介護職員初任者研修通信コース
 (関西・1ヶ月)通 信
訓練期間:1ヶ月/入学料:0円 受講料:31,900円 合計:31,900円
・介護職員初任者研修通信コース (関西・3ヶ月)通 信
訓練期間:3ヶ月/入学料:0円 受講料:31,900円 合計:31,900円

一般的に介護職員初任者研修にかかる費用は5万円~15万円とされ、カイゴジョブアカデミーは他の養成校と比較しても安価に資格取得できるスクールです。
受講料の20%(上限10万円)が受給額となるため、金銭面での負担を減らしてキャリア形成ができますが、それでも求職者にとっては痛い出費となるケースも…

そこで、受講費用の負担なく資格取得を目指したい方はキャンペーンの活用がおすすめです。

カイゴジョブアカデミーなら無料で資格取得が実現

介護職員初任者研修を受講し、介護業界での就職・転職を目指している方におすすめのキャンペーンがあります。


テキスト代含め0円で受講できる独自の制度“特待生キャンペーン”が実施されており、年間で2000人以上の方が無料キャンペーン対象となっています。


【カイゴジョブアカデミーで制度を使うメリット】

・介護職員初任者研修受講中に就職・転職が可能
・専属のキャリアアドバイザーがあなたに合う就業先をコーディネート
・履歴書の書き方から面接対策までフルサポート
・講座受講からテキスト代、就業支援まで全て無料(受講生の負担なし)

カイゴジョブアカデミーなら最初から支払いなしで受講ができるので資格取得と就職、転職を成功させたい方にはメリットが大きいですね。
介護業界への就職・転職を目指している方はぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
教育訓練給付制度の概要と申請について、より金銭的な負担を減らして受講する方法についてお伝えしました。

教育訓練給付金制度で資格取得の費用を節約できますが、それでも負担が大きい方、
申請手続きをする時間がない方や対象外の方、


カイゴジョブアカデミーなら初期費用なしで介護職員初任者研修の資格取得を目指せます。

せっかく資格取得したのに自分に合わない職場に就職してしまったら、働く意欲も失せて資格が無駄になってしまうかもしれませんよね。

取得した資格を活かし、自分に合った職場を見つけるなら介護業界に精通したアドバイザーのキャリアカウンセリングを受け、マッチングする求人を紹介してもらうのが◎
介護や介護以外の仕事をしながらでも受講できますので、まずは相談してみましょう。

介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)を詳しくみる
初任者研修のキャンペーンをみる

この記事の著者

吉田あい


大阪府出身 現役のケアマネージャー
専門は「高齢者介護論」「社会福祉援助技術論」
「介護現場におけるリスクマネジメント」

特別養護老人ホームや居宅介護支援事業所などの現場で、
介護職を10年以上経験。介護講師経験3年。
WEBライターとして、
介護・医療・転職・健康などのジャンルで執筆700本以上。

カイゴジョブアカデミーにて、介護の仕事や資格について、
実体験を踏まえたお役立ち情報をお伝えします。

【所持資格】
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・介護福祉士
・社会福祉士
・メンタル心理カウンセラー
など