介護の仕事内容、やりがい、資格について

楽しく働いている女性介護職員介護の求人情報をみて、介護の仕事に興味を持った方には、具体的にどのような仕事をするのかな?私にもできるのかな?と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
そのような疑問をお持ちの方へ、介護の仕事内容を詳しくご紹介します。介護の未経験・無資格から介護の仕事へ就職を考えている方は、ぜひ一度目を通してください。

介護の仕事について

ここでは介護の仕事内容と勤務時間・雇用形態について説明します。

仕事内容

介護業務

介護の仕事では、日常生活を送るのに支障がある方へ、様々な介護サービスを提供します。代表的な介護業務については以下のようになっています。

【排泄介助】
排泄に関しての支援をします。具体的には、トイレへの誘導、トイレ内での介助、おむつ交換などを行います。

【食事介助】
食事の摂取などを支援します。誤嚥などに注意した食事・飲み物の摂取、その方に合った食事の準備などを行います。

【入浴介助】
入浴に関しての支援をします。体調の変化に気をつけて、着替え、入浴、洗髪、洗身、拭き取りなどを行います。

【更衣介助】
着替えに関しての支援をします。起床時、就寝時、衣服が汚れたときなどに、着替えの支援を行います。

【移動・移乗介助】
移動・移乗に関しての支援をします。居室などで移動の際に身体を支えたり、ベッドから車いすへの乗り移りの支援を行います。

【食事の準備・配下膳】
食事の準備などを支援します。調理、料理の配膳、片付けなどを行います。

【その他の支援】
その他に掃除、洗濯、シーツ交換など日常生活の支援を行います。

就職先

介護の就職先として代表的な施設・事業所の概要をご紹介します。

【介護老人保健施設】
入所者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、リハビリテーションや必要な医療、介護などを提供する施設です。

【特別養護老人ホーム】
入所者の日常生活上の支援や機能訓練、療養上の世話などを提供する施設です。

【デイサービス】
デイサービスへ通っていただいた利用者に、入浴、食事などの支援や機能訓練などを提供する介護事業所です。利用者の孤立感の解消、心身機能の維持、家族の負担軽減などを目的としています。

【グループホーム】
事業所の所在する地域に住んでいる認知症の入居者に、日常生活上の支援、家庭的な環境、地域住民との交流の機会などを提供する介護事業所です。

【訪問介護】
利用者の自宅を訪問して、日常生活上の支援を提供します。

雇用形態・勤務時間

介護職の雇用形態や勤務時間は以下のようになっています。

雇用形態

介護職の雇用形態は大きく分けて、正社員、契約社員、パートの3種類になります。正社員は、雇用期間の定めがなく、月給制。契約社員は雇用期間の定めがあり、月給制。パートは雇用期間の定めがあり、時給制。になっていることが多いようです。

勤務時間

勤務時間は就職先によって様々です。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホームなどの入居して生活を送っている施設・事業所では24時間のシフト制で働くことになります。
一方、デイサービスや訪問介護などでは、日中帯の営業になっていることが多く、日中帯での勤務になります。

介護の仕事の採用状況は?

厚生労働省の「職業別一般職業紹介状況[実数](常用(含パート))」によると、介護サービスの職業の有効求人倍率は全国平均で4.21倍となっています。
そのため、多くの求人情報があり、採用されやすい状況になっていると言えます。また、高齢化は今後も進むことが予測されているため、将来的にも求人情報が安定している業界と言えるでしょう。

介護の仕事のやりがいやメリットは?

介護の仕事は、利用者・家族から感謝を受けることが多いこと、利用者の生活を支援するので人に役に立っている実感を感じやすいことがやりがいに繋がっているようです。
介護の仕事のメリットとして、処遇改善が進み、今後も処遇改善が進む業界なので、将来的に安定を目指せること、働きながら資格取得を目指すことができること、もし自分の家族が介護が必要な状態になった時に役立つことなどが挙げられます。

未経験・無資格でも介護の仕事はできるのか

未経験・無資格の求人情報はたくさんありますが、有資格者に限定した求人情報や有資格者を優遇する求人情報も多くあります。資格の有無が給与や雇用形態に影響することがあるので、現在無資格の方には、介護職員初任者研修を取得してから就職するのをおすすめします。

弊社が運営しているカイゴジョブアカデミーならば最短14日間で取得できるコースを用意しています。また、受講料・テキスト代が無料になる特待生制度もあるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

介護の仕事の探し方

それでは、介護の仕事を探すのに、どのような方法が利用されているのでしょうか?
実際に介護職に就いた方は、ハローワーク、求人情報サイト、資格のスクールの就職支援、求人情報誌などを利用しているようです。それぞれの特徴についてご紹介します。

ハローワーク

ハローワークとは厚生労働省によって運営される、国営の職業紹介事業のことです。インターネットでも求人情報を閲覧できますが、実際に応募する時には一度ハローワークを訪問する必要があります。またハローワークには、求職者向けの相談窓口があるので就職サポートを受けることができます。

介護の求人情報サイト

求人情報サイトは、スマートフォンで簡単に検索ができるのでおすすめです。絞り込み検索によって自分の希望する条件にあった求人を探しやすく、様々なコンテンツを通して施設・事業所の雰囲気をつかむことができます。

弊社が運営しているカイゴジョブでは介護・福祉専門の求人情報を取り扱っています。勤務地、職種、サービス、雇用形態など、希望条件で絞り込みをかけることができます。ぜひご利用ください。

>>カイゴジョブで求人情報を探す

資格のスクール

資格のスクールで求人情報を取り扱っていることは多いです。これから介護の資格を取得する方は、就職支援がセットになっているスクールを利用することも良いでしょう。また、その場合は受講スケジュールと就職の時期の調整を行ってくれるなどのメリットがあります。

まとめ

介護の仕事についてイメージはできましたか?介護職は処遇改善が進み、今後も需要が高い将来性のある職業です。未経験から働くことは可能ですが、就職前に基本的な業務の理解のために「介護職員初任者研修」の受講をおすすめします。
この記事をお読みいただいた皆さんが、介護職として希望の職場へ就職できることをお祈り申し上げます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

>>実務者研修を詳しくみる

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる