介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修
介護の資格取得ならカイゴジョブアカデミー

今後のために介護の勉強をしておきたい―未経験で始めた介護、今は学ぶ喜びに満ちた日々

更新日:2024年1月9日

初任者研修から踏み出した一歩

「みんなの介護転職ストーリー」、今回の主役はももさんです。初任者研修受講前でしたがすでにお仕事は始められており、さらに力をつけたいという強い意欲をお持ちでした。実父の介護も経験したももさんに様々なお話をお伺いしました。

ももさん(47歳)

2023年10月~2024年2月 介護職員初任者研修/枚方校
2023年8月 特別養護老人ホームに就職

記事の監修者:藤井寿和(介護福祉士)

実父の介護で初めて身近になった介護

藤井:まずはこれまでのお仕事経験について教えてください。

ももさん: 高校卒業後に事務職として就職し、結婚、出産、離婚を経てパートでパン屋と病院の検体集配のダブルワークをしていました。無理をしてしまって体を壊し休んでいたところ、知り合いから農業資材の会社に誘われて、しばらくの間そこで正社員として働いていました。

藤井:体を壊すほどハードに働かれていたんですね。

ももさん: 子どもがいましたのでパートのほうが何かと融通がききやすくて、パン屋で朝8時から16時、病院では18時から22時まで働いていました。

趣味のプリザーブドフラワー

藤井:介護へのきっかけはなんだったんでしょうか?

ももさん: 昨年実父が他界したんですが、亡くなる2カ月ほど前から介護に関わるようになり、その時に初めて介護の大変さを知りました。今は実家に戻って母と子どもと3人で暮らしていますが、今後のことも考えて介護の勉強をしておいた方が良いのではと思ったのがきっかけです。

不安や疑問を払拭してくれたキャリアパートナー

藤井:それでどんな仕事があるか探してみたんですね?

ももさん: 色々自分で検索してみたりしたのですが、全くの未経験ですし知識もないし、不安もあったのでカイゴジョブアカデミーに登録しました。

藤井:具体的にどんな不安があったんですか?

ももさん: 年齢のことや経験がないこと、父の介護がとても大変だったのに仕事として本当にやっていけるのかとかいろいろ考えてしまって……。最初はいけると思ったんですが不安になって、の繰り返しでした。

藤井:カイゴジョブアカデミーでは一人一人専任のキャリアパートナーがつきますが、ももさんの転職にとってどんなメリットがありましたか?

ももさん: 転職への不安な気持ち、わからないことなどいろいろと相談させていただきました。キャリアパートナーさんからは、私と同年代の方が同じような理由で介護へ転職していること、未経験で始める方もたくさんいることなどをお聞きして、「私でも大丈夫なんだ」と自信を持てましたね。

旅行先で

藤井:職場探しはどういう風に進みましたか?

ももさん: キャリアパートナーさんにいくつか紹介していただき、自宅から近いところがよかったので今の職場を選びました。

藤井:ももさんは自宅から近いことがポイントだったんですね。

ももさん: はい。今のところは車で10分くらいなんです。介護職は体力が必要と聞いていたので、せめて通勤は近いところにしたいと思っていました。

藤井:職場は特別養護老人ホームですね。働いてみていかがですか?

ももさん: 不安もありましたが、介護度が高い方が多いので学ぶことも多いです。職場の先輩方がすごく丁寧に教えてくださるんですよ。仕事をしながら人に教えるって本当に大変なことだと思うので、ありがたいです。皆さん心使いが優しいというか、利用者さまに対しても「そういうところも気が付くんだ」と驚くこともあります。

藤井:例えばどんなことですか?

ももさん: あるとき食事が進まない利用者さまのために先輩から「おにぎりを作ってあげて」と言われたので作ってお出ししたら、パクパク嬉しそうに召し上がられて。その利用者さまとの付き合いが長いというのもあるでしょうが、勉強になることばかりです。

藤井:これまでのお仕事の経験が介護の仕事に活かせていると感じることはありますか?

ももさん: これまでわりと肉体労働が多かったので、体力面は心配ないかなと思います。接客経験もあるのでコミュニケーションも問題ないと感じてます。介護の場面では会話のできない方もいらっしゃるので、そのあたりはまだまだ勉強が必要ですね。

自分には介護なんてできないと思っていた

藤井:転職してみて介護のイメージに変化はありましたか?

ももさん: 転職前は、ただただ大変な仕事、私にはできないと思っていました。でも父の介護を経て、私にもできるんだという驚きもありましたね。下の世話なんか、若い時なら耐えられなかったと思います。でも年を重ねて考えも変わりましたね。

藤井:介護を仕事にすることについてご家族の反応はどうでしたか?

ももさん: 母は「だめだったらまた考えればいいよ」と。娘は「お母さんに合ってるんじゃない」と言ってくれています。父の介護をしていたのをそばで見ていたからかもしれませんね。

藤井:働きやすさや待遇についてはどう思われますか?

ももさん: 2日仕事して休み、3日働いてまた休み、という今の働き方が私には合っている気がします。疲れがたまらずに休めることができますしね。

ある1週間のスケジュール
ある1週間のスケジュール

藤井:まだ転職して1か月ですが、介護職としての今後についてどうお考えですか?

ももさん: まずは初任者研修を無事に終えて、介護福祉士の資格も取りたいと思っています。それからフットケアの資格もいつか取りたいです。先日利用者さまの足の爪切りをしたら難しかったので、余裕ができたら学んでみたいなと思ってます。利用者さまがいつも清潔に健やかに過ごせるお手伝いができたら嬉しいです。

藤井:ももさんと同世代の方が介護職への転職を考えていたら、お勧めできますか?

ももさん: 将来きっと役に立つし、学べることは多いということは伝えられると思います。介護のイメージは人によっていろいろあると思いますが、高齢者の方は人生の先輩ですし、人として勉強になることが多い仕事だということをお伝えしたいです。

インタビューを終えて

お父さまが要介護になるまで介護とは無縁だったというももさん。この年齢になったからこそ介護が身近になり、自分事として受け入れるタイミングという方も多いかもしれません。家族介護のために介護を学びたいという方も、学ぶなら仕事としてやってみようかという方も、ももさんのように専門のアドバイザーに相談してみると、新たなきっかけに繋がるかもしれません。

構成、執筆:岩本亜矢子


「みんなの介護転職ストーリー」でご紹介している方々は、無資格・未経験から介護業界に挑戦したカイゴジョブアカデミーの卒業生です。皆さんが活用された「特待生キャンペーン」なら、自己負担なしで「介護職員初任者研修」の資格を取得でき、さらに介護職専門のキャリアアドバイザーによる就職先の紹介も受けられます。資格が1つあるだけで、給与や待遇がアップし、就職・転職時にも大変有利です。下記リンクからそれぞれ詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>自己負担なしで介護職員初任者研修を取得できる!「特待生キャンペーン」についてもっと見る

>>介護の最初の資格といえばコレ!「介護職員初任者研修」についてもっと見る

初任者研修を受講するなら
カイゴジョブアカデミー
受講料
31,900円 〜
(税込・テキスト代込)
※都道府県によって価格が異なります
約1 ~ 4ヵ月
通信 + 通学
講座日程を探す
\ 初任者研修を取って、就職・転職したい方へ /

初任者研修の費用を当社が実費負担
特待生キャンペーン もあります!

特待生キャンペーンについて詳しく見る

人気記事

「介護は自分に向いている仕事」──営業・製鉄工場を経験し、介護職に巡り合った20代男性の仕事との向き合い方

介護は”稼げる”仕事?トラック運転手から介護職になった30代男性が語る収入アップの秘訣とは?

「最初は資格だけ取るつもりでした」ボーナスあり、各種手当あり、休みも多い!条件の良さに気づき介護の道へ

「人生をリスタートしよう」元カタログ制作プランナーが選んだ新しい人生の方向性

新着記事

悩みに悩み、看護大学を中退。次なる進路に介護職を選択し、大きな可能性と新たな自分を発見した24歳女性の胸中

「思い描いていた理想の仕事に出会えた」物づくり一筋から一転、40歳を機に介護職へシフトチェンジした男性の価値観

自動車工場で30年勤務し、高齢者と関わる仕事がしたくて思い切って転職を決意!「介護の仕事は面白くて新鮮」

「コロナ禍でエッセンシャルワーカーへのリスペクトが生まれた」接客と介護職の共通項に気づき、新たなチャレンジに挑む40歳男性の胸中

みんなの介護転職ストーリーを
もっと見る
  1. TOP
  2. みんなの介護転職ストーリー
  3. 今後のために介護の勉強をしておきたい―未経験で始めた介護、今は学ぶ喜びに満ちた日々