東京(新宿)・埼玉(大宮)で初開講!生活援助従事者研修の申込受付を開始しました!

東京(新宿)・埼玉(大宮)で初開講!生活援助従事者研修の申込受付を開始しました!

2019年01月22日

東京(新宿)・埼玉(大宮)で初開講!生活援助従事者研修の申込受付を開始しました!

■生活援助従事者研修とは?

介護人材のすそ野拡大を目的に2018年4月に厚生労働省が開始しました。

生活援助従事者研修は、介護の入門となる知識や技術を学ぶカリキュラムとなっており、
訪問介護事業所に勤めたいと思っている方、身体介護を行うことは不安だけど介護の仕事に興味がある方に向けた研修です。
また、介護職を検討していてきっかけとして学んでみたいという方へもおすすめです。
カリキュラムの内容は介護職員初任者研修と重複する内容が多く、
学習時間は介護職員初任者研修の130時間と比べると約半分の59時間となっています。

■生活援助従事者の仕事とは?

生活援助従事者研修を取得することで、ホームヘルパー(訪問介護員)として生活援助業務を行うことができます。

具体的な内容の一例としては以下のようになります。

・掃除、洗濯

・食事の調理や片付け

・買い物代行

・薬の受け取り

講座スケジュールはこちら

 

お申込みはこちらから