ホームヘルパーの給料は手取りでいくら?給料アップの方法とは?

電卓と給料袋と車椅子
ホームヘルパーの仕事をこれから始めようとしている方にとって、どれだけ稼げるのかという給料のことが気になるところでしょう。
また、他の介護事業所で働いている方は、ホームヘルパーに転職するとどれぐらい稼げるのか、今と比べて減ってしまうのかということは事前に知りたいでしょう。
この記事では、ホームヘルパーの給料体系と実際の給料についてご紹介します。

1.ホームヘルパーの給料はアルバイトやパートでいくらか

それではホームヘルパーのアルバイトやパートの給料はいくらくらいなのでしょうか?

生活援助と身体介護で時給が異なる

ホームヘルパーのパートで就業すると「生活援助」に従事するのか「身体介護」に従事するのかによって時給が異なる訪問介護事業所が多いようです。
生活援助とは掃除、洗濯、調理、買い物代行などを援助することで、身体介護とは、ご利用者の身体に直接触れるような介護で、排泄介助、食事介助、入浴介助などが該当します。
東京の求人情報を見ると時給の違いとして、生活援助は1,200円〜1,400円程、身体介護は1,300円〜2,000円程となっています。

実労働時間しか給料が出ない場合も

ホームヘルパーのアルバイトやパートでは、登録ヘルパーという雇用体系があり、実際に介護業務に行っている時間を基準に給料を算定する雇用体系があります。
訪問介護では、ご利用者のご自宅へ伺い、介護サービスを提供します。アルバイトやパートのホームヘルパーは、自宅からご利用者宅へ直行して、直帰することが多く、介護サービスを提供している時間が労働時間となります。
そのため、就職時に給料の計算について確認しましょう。

給料からの控除

アルバイトやパートで働いても、1週間の労働時間、支給される金額によって給料から控除される、労働保険、社会保険料、所得税、住民税などがあります。
労働時間が短く、社会保険や税金の扶養の範囲で働いている方は、控除される金額は少なく、額面金額がほとんどそのまま手取り金額となります。

2.ホームヘルパーの給料は正社員の場合はいくらか(額面と手取り、年収)

それではホームヘルパーの正社員の給料はいくらくらいなのでしょうか?

正社員のホームヘルパーの月収

正社員のホームヘルパーの月収は、東京の求人情報では180,000円〜240,000円程となっていました。
ホームヘルパーの給与体系は、基本給+諸手当という形が一般的であり、諸手当には、通勤手当、時間外手当、資格手当、介護職員処遇改善手当、住宅手当など就職先の訪問介護事業所によって様々な手当が設けられています。
上記の金額は、額面金額であり、労働保険、社会保険料、所得税、住民税などが控除されると、実際の手取り金額は160,000円~180,000円ほどになります。

正社員のホームヘルパーの年収

年収は、月収×12ヶ月で計算しますが、賞与を設けている訪問介護事業所も多く、ここでは賞与が年間2ヵ月支給されるものとして計算すると、年収は2,520,000円~3,360,000円になります。

正社員とバイトの仕事内容の違い

介護業務に従事することに違いはありませんが、正社員では実際の介護サービスを提供している時間ではなく、シフト等による労働時間が定められているので、労働時間内に複数回のご利用者を訪問すること、空いた時間に事務業務や会議への参加することなどの違いがあります。

3.給料アップやキャリアアップのための方法

ホームヘルパーの給料は、これまでご紹介した通りですが、給料を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか?

介護福祉士の資格を取る

ホームヘルパーの給料構造を説明しましたが、その中で資格手当を設けている訪問介護事業所は多いです。特に、国家資格である介護福祉士を取得することである程度の資格手当が期待できるようです。
介護福祉士の資格を取得するためには、受験資格を満たす必要がありますが、実務経験ルートでは「実務経験3年」と「実務者研修修了」で満たすことができます。
給料アップのためにも「実務者研修」を受講は検討する価値があると思います。

サービス提供責任者になる

訪問介護事業所には、ホームヘルパー以外にサービス提供責任者という職種がいます。サービス提供責任者は、ご利用者の訪問介護計画を作成・管理します。また、ホームヘルパーの指導等を行う役割があります。
そのため、前項で記載した実務者研修修了や介護福祉士の有資格者が就くことができ、給料はホームヘルパーと比較すると高くなります。

経営者になる

訪問介護事業所の開設は設備投資が少ないので開業しやすいと言われています。しかし、訪問介護事業所の経営が上手くいかないケースも多いので、経営を目指す場合は、しっかりと経営に向き合うことが必要でしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?これからホームヘルパーとして就職する方、転職する方へ、ホームヘルパーの給料についてご紹介させていただきました。
特にアルバイトやパートで働く場合は、他の介護事業所と違う雇用体系になることがあるので、労働条件をしっかりと確認し、希望する給料の訪問介護事業所へ就職・転職しましょう。
参考になりましたら、ぜひシェアをよろしくお願いいたします。

>>カイゴジョブアカデミーの初任者研修に申し込む

>>カイゴジョブアカデミーの資料請求をする

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる