忙しい主婦でも介護職員初任者研修は取得できる?

主婦から介護職を始めた女性日本の高齢化に伴い、介護業界の人手不足が進んでいます。求人情報誌を見ても介護施設の求人が数多く載っており、資格を持っていればほかの職種より時給が高い場合も多くなっています。その中でも注目を集めているのが、介護職員初任者研修です。
しかし、費用や難しさ、取得までの期間など気になる人も多いのではないでしょうか?
今回は育児や家事の間に介護職で働きたいと考えている人向けに、介護職員初任者研修は“忙しい主婦でも取得できるのか”という所に焦点を当てて紹介していきます。

1.介護職員初任者研修とは

介護業界には様々な資格があり、介護職員初任者研修と言われても何ができるようになる資格なのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか?ここではまず介護職員初任者研修について少し説明していきます。

介護職員初任者研修の概要

介護職員初任者研修の目的

介護職員初任者研修はこれから介護業界で働こうと考えている人や、介護に関する基礎知識をしっかり身に着けたい人向けの資格です。介護に関する資格の中では、比較的簡単な資格だと言われています。
元々はホームヘルパーや介護職員基礎研修という資格でしたが、制度の変更に伴い、介護職員初任者研修に一元化されました。介護職員初任者研修は旧ホームヘルパー2級と同等の資格だと言われています。違いは、旧ホームヘルパー2級の取得には施設実習が必要でしたが介護職員初任者研修の場合は実習がなくなり、その代わり研修終了後に試験が必要になりました。
介護職員初任者研修終了後の試験は、研修を振り返ることを目的としており、不合格者を出すための試験ではありません。そのため研修で学んだ事をしっかり復習してから試験に臨めば、問題なく通過できるでしょう。

介護職員初任者研修で学ぶこと(カリキュラム内容)

介護職員初任者研修では介護について広く学びます。介護保険などの法律関係や生活支援技術、こころとからだの仕組みという身体と精神面についても研修を受けます。介護に関して全く知識がない人でも、受けることができるカリキュラムとなっています。
介護職員初任者研修は、これから介護業界で働くための準備や介護に携わるための心得など抵抗なく介護にかかわることができるようにカリキュラムが組まれています。学ぶ項目は多いですが、研修期間で介護に対する心構えを作っていきます。

介護職員初任者研修を取得するメリット

身体介護ができるようになる

介護職員初任者研修を取得することにより、訪問介護や施設介護の場でご利用者に対する身体介助が可能になります。働く現場によって多少の違いはありますが、食事や入浴、排泄、着替えなど身体に直接触れて行う行為を指します。

平均的な期間と費用

費用は様々ですが、4万円から15万円程度で講座が行われています。
なぜ10万円以上も差があるのかというと、通信講座と完全通学制があるためです。金額も重要ですが、しっかりとした知識や技術を身につけるために、自分に合った取得方法を選ぶべきです。
期間に関しても1ヵ月~4ヵ月程度で取得が可能となっており、比較的短い期間で取得することが可能です。
上記はあくまでも目安なので、受講しようと考えている人は担当者に詳しく聞いてみることをお勧めします。

2.主婦でも介護職員初任者研修を取得できるか

子育てや家事で忙しい主婦でも、介護職員初任者研修を修了することはできるのでしょうか?せっかく受講料を払ったにも関わらず、取得できなかったというのは避けたいと考える人は多いはずです。ここでは取得するまでの過程と取得のしやすさを紹介します。

介護職について

介護職の女性の比率

介護職は女性が圧倒的に多いです。特にホームヘルパーに関しては80%以上が女性で、福祉施設でも65%以上が女性です。家事や入浴の手伝いをするホームヘルパーはやはり女性が多い様で、ご利用者からも女性職員の方が良いと声が上がることが多いです。

主婦でも介護職員初任者研修を取得できるか

介護職員初任者研修は融通が利くから取得しやすい

介護職員初任者研修は非常に取得しやすくなっており、取得方法として通学のみで取得を目指す場合と、通信学習併用の2通りから選ぶことができます。通学の場合は参加できない人のために振替授業を行っている学校もあり、急な仕事や子供の熱発などにも対応できます。
学校によっては平日のみや土曜のみ、夜間のみなどのコースを設けているため、家事や育児がある主婦でも取得は難しくありません。早く取りたい人のために短期集中コースを開いており、約1ヵ月で取得できる学校もあります。

介護の最初のステップなので比較的取得しやすい

上記にも書いた通り、介護職員初任者研修は全く知識がない介護初心者の人であっても、受講できるカリキュラムとなっています。そのため、1から丁寧に教えてくれるので言葉が分からないといった事や、悩んで諦めてしまうという事は少ないでしょう。受講する人は、学ぶ気持ちさえあれば取得は難しくないでしょう。

3.主婦が介護職員初任者研修を取得する際のメリット

主婦が介護職員初任者研修を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?簡単に取得できるといっても家事や育児で忙しい中勉強するため、まずは取得した時のメリットを知っておくことは重要なことです。

介護職員初任者研修を取得する時のメリット

主婦経験を活かすことができる

介護職員初任者研修を取得すると、身体介護が可能になり訪問介護の仕事にも就くことができるようになります。訪問介護では在宅で生活するための手助けをしていくため、今まで自宅で行ってきた主婦経験を活かすことができます。
料理や洗濯、掃除などをしていく中で、時間のない主婦がしているちょっとした時間短縮技術や豆知識などがとても役に立ちます。家事はやって当たり前で褒められることが少ないため、その技術で働くことができて、給料が貰えるということが嬉しい人は多いのではないでしょうか?

働くことができる職場が多い

介護職員初任者研修を取得すると、働くことができる職場が広がります。介護施設や病院でだけでもかなり広がりますが、一般企業の中でも通常のスキルとは別に、介護の資格を持っている人を雇用したいと考えている企業が増えてきています。
その背景には高齢化で客も高齢の人が増えてきており、高齢者向けのサービスを考える事や接客の時に車いすを押すなどの介護が必要になってくることがあるからです。介護のプロが在籍しているという事で企業イメージも上がるため、積極的な雇用が進んでいます。

求人募集が多い

現在介護業界は人手不足で、職員を雇う事ができればもっと幅広くサービスを提供できると考えている会社は多いです。そのため、介護職員初任者研修を修了して資格を持っている人からの応募は、会社にとってすごく喜ばしいことです。
実際、ハローワークに行っても介護の仕事のみ斡旋している部署がある程、介護業界の求人の募集があります。スーパーなどに置いてある求人情報誌を見ても、介護特集が組まれていることも多いので求人を探すのに苦労することは少ないのではないでしょうか。

資格手当がもらえるので、給与が高くなる

介護職員初任者研修を取得すると給料も上がります。資格手当という名目で、月に3,000円から5,000円程度つけている企業が多いです。月の給料だけでなく、資格を持っていることで昇進もしやすくなるため、将来のキャリアアップにも役に立ちます。

子育て中でも短時間勤務OKの仕事が見つけやすい

何度も書いていますが、介護業界は人手不足です。そのため働く時間が短くても来てほしいという企業はたくさんあります。子育て中は時間の制約があり、お迎えや急な病気の時にすぐに動かなければならない事も多いのではないでしょうか?そういった制約があっても欲しいと言ってくれる企業が多いのは事実です。

4.介護職員初任者研修を取得して介護職で働いている主婦の声

介護職員初任者研修が比較的取得しやすいという事は紹介しましたが、取得した後の働きやすさも気になるのではないでしょうか?介護職員初任者研修を取得して、介護職で働いている主婦はどのように感じているのか、実際の主婦の声を紹介します。

介護職で成功した事例

とにかくやりがいがある

「やりがいがある」といった意見が多数ありました。介護は人と人が触れ合う仕事であり、同じ手順で介護を行っても合う人と合わない人がいるため、毎回考えながら接することが必要になります。基本的には人生の先輩を介護することが多いため、会話やしぐさの中から学ぶことは非常に多いです。
自分が歳をとった時に、今自分がしている介護で満足するのだろうかという事を、常に考えながら業務を行う事でやりがいはさらに増します。手を抜くことは簡単にできますが、追及すると課題は尽きない仕事です。

理解を得られることが多い

主婦の人は時間に制約があり時短勤務で就業する場合もありますが、そのような契約で入職するとほかのスタッフから嫌みを言われることや、素っ気ない態度を取られることがあります。介護業界ではそのような働き方に理解がある人や、時短勤務している人が多いため、「理解が得られやすい」という意見もありました。
ご利用者の人と良好な関係を築けている場合には、急な子供の発熱や体調不良などの時に事情を話すことで、自分にもそういう時があったから気にしないでと理解してくれ、気持ちよく予定変更を受け入れてくれる場合もあります。決して良いことではないですが、一般企業ではまず難しい例ではないでしょうか?

介護職で失敗した事例

労働環境がきつく、腰痛を患ってしまった

介護の仕事ではご利用者を抱えることや、動作の手伝いをする時に無理な体制を取ることも少なくありません。その場合腰に負荷がかかり、腰痛を患ってしまう人も多くいます。腰痛があっても人手が少ないため、ご利用者の手伝いを辞めることができず、無理を続けてさらに悪化してしまう場合もある様です。
中には腰を痛めてしまった時に、遠回しに退職を勧められたという人もいたので、自分の体調管理にも注意が必要です。体力的にも厳しく、決して楽な業界ではないため自分にあった職場を選べなければ長く続けることは難しい様です。

人間関係が大変

介護業界は上記にも書いた通り女性が多い職場のため、人間関係が大変な場合が多いです。中でも派閥などがある場合には、プライベートだけでなく仕事上にも絡んでいる事があるため、仕事を頼みにくい、頼んでも嫌な顔をされる場合などもある様です。自分がその職場に入職する前からある問題なので、解決することは困難であり、自分は後輩になるので従わなければならなくなります。

ほかにも様々な火種はありますが、介護業界は業務の線引きが非常に難しくなっており、仕事が早い人や頼みやすい人に仕事が多く偏る場合が多いです。それが負担になり離職してしまう人も少なくありません。
人間関係は職場に配属されるまで分かりません。さらに分かった頃には主戦力になっており、辞めるに辞められないという事もあります。人間関係で悩み始めてしまい、それが原因で体を壊してしまうという人は多いですので、我慢せずそうなる前にしっかり対処するようにしましょう。

5.まとめ

今回、「介護職員初任者研修は忙しい主婦でも取得できるのか」という所に焦点を当てて紹介しました。忙しい主婦でも計画をしっかり立てれば、介護職員初任者研修を取得することは難しくないです。資格が取得できれば働く職場も広がり、給料も上がることが分かりました。
さらに今まで主婦として行ってきた事や、時短勤務も可能という点で魅力的だと感じた人も多いのではないでしょうか?
今回の記事を参考にして、資格の取得を検討していただければ幸いです。この記事が参考になった方は、ぜひシェアをお願いします。

介護職員初任者研修に関してはこちら