介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修など介護の資格なら、カイゴジョブアカデミーにお任せください。資格の取得から就業支援までを幅広くサポート。介護未経験の方でも丁寧に指導致します。

初任者研修は働きながら取れる?大変?

更新日:2021/11/26

初任者研修働きながら1

介護職キャリアパスのステップアップ資格である介護職員初任者研修。
未経験・無資格から介護職になりたい方は、働きながら資格取得を目指す方は少なくありません。

介護職員初任者研修は、採用時に有利になったり資格手当がついたり訪問介護事業所でヘルパーとして働けたりとメリットが大きい資格です。
介護職へのキャリアチェンジ転職を考えている方は、取っておいて損はないでしょう。

しかし、実際に働きながらでも取れるのか?仕事や学習に負担はないのか?は、気になるところですね。
今回は、働きながらの初任者研修は可能なのか、またスムーズに取得する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

介護職員初任者研修のカリキュラム

カリキュラムの内容

初めての介護業界という方は、そのカリキュラムについていけるか不安。
仕事と学習を両立する、というのは想像すると「仕事に支障が出たらどうしよう」「大変そう」とネガティブなイメージをもってしまいがちです。

介護職員初任者研修は、国によって規定された130時間のカリキュラムの受講必須。
そしてこれらのカリキュラム全てを受講した後に、修了試験となる筆記試験が実施され、合格すれば介護職員初任者研修修了となります。

養成校やスクールによって様々なコースが用意され、働きながら受講する方が無理のないようなカリキュラムも組まれていますので安心してください。

働きながら独学(自宅学習のみ)で取れる?

130時間のカリキュラムにはそれぞれの受講時間が定められています。
中には実技講習も含まれ、実際に介護用品や福祉用具を用いて、実践的な学習を学ぶことができます。

働きながら資格取得を目指す方にとって、学習に充てる時間は限られていますし、できるだけコストを抑えて取得したいものです。
そのため、スクールに通わず独学で資格を取りたいと思っている方も多いのですが、介護職員初任者研修は100%自宅学習だけで受講修了することはできません。

修了試験の難易度は?両立でも合格できる?

介護職員初任者研修のカリキュラムの学習をしながら、修了試験合格に向けた勉強までするのは大変そう…と取得を躊躇されている方もいますが、安心してください。

介護職員初任者研修130時間のカリキュラムの最後には修了試験が実施されますが、
“落とす試験”ではなく、受講で学んだことを振り返る目的と改めて知識を身に着けるための試験です。
働きながら受講している方も、しっかり授業を聞いていれば十分合格できる内容になっています。

試験に出やすい内容は介護現場での実践でも大事な部分です。
受講中に講師の方が「ここは大事です」「マーカーをしていてください」と、強調して伝えられた部分は試験に出やすいポイントであることも多いのです。

心配なのは「試験に落ちたらどうしよう…」ですね。
もし不合格となってしまっても、多くのスクールでは再試験が実施されますので、ほぼ100%合格すると言っても過言ではありません。

学習スタイルは通学講座or通学+通信講座

介護職員初任者研修の受講コースは大きく分けて、「通学講座」と「通学+通信講座」の2種類あります。
それぞれみていきましょう。

〇通学講座

130時間のカリキュラム全てを養成校やスクールに通学し学びます。
専門の講師から直接学び、介護現場での話を聞けるため、より実践的な理解が深まるでしょう。
しかし通信講座と比較すると、働きながらの通学講座の受講は、スケジュールに負担が生じる可能性が高く、しんどいと感じる方が多いです。

〇通学+通信講座

130時間のカリキュラムの中で、通信講座の学習時間の上限40.5時間を自宅学習し、残りの受講時間はスクールに通学し受講する必要があります。

例えばカイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修の受講では、
合計15日間の通学で知識や技術を学び、並行してテキストをもとに自宅学習を行う、「通学+通信講座」となります。
通学と通信を効率良く組み合わせて、理論的な知識と実践スキルを身に着けることを目標にしています。

受講スタイルは様々あり、週1日の受講・約3カ月で取得を目指すコースや週3日の受講・約1カ月で取得を目指すコースなど、ご自身のライフスタイルに合わせて選択できます。

働きながら受講する方や家事や育児などで忙しい方でも、無理なく自宅学習と通学ができるので受講の負担は少ないでしょう。

スムーズな資格取得のポイント2つ

介護職員初任者研修を働きながら修了するために、実践していただきたいポイントを2つご紹介します。

スクール選びがカギ

カリキュラムで学ぶ内容は国で決められていますので、スクールや講師との相性、現場に強い講師陣など様々ありますが、内容について差はほとんどありません。

しかし、働きながらスムーズに資格取得したい!無理なく受講したい!という方は以下のポイントに気を付けてください。


・通学しやすい
・無料振替できる
・修了試験の再試験が無料
・受講料が安い


仕事と学習を両立しやすく、できるだけ費用を抑えて取得できるスクールがおすすめ!

仕事をしていると急な出勤や残業などで、スクールを休まなければいけないときもあります。そんなときに授業の振替ができるスクールは両立しやすく、無料であればお財布の心配もいりませんね。

また、気軽に相談できるサポーターがいれば仕事と学習の両立や介護現場のこと、就職等で悩んでいるときも打ち明けやすいでしょう。
例えばカイゴジョブアカデミーでは講師と専任担当のWサポート体制が整っていますので、資格取得はもちろん就職もスムーズ◎

介護職の方は職場への周知を忘れずに!

介護現場で働きながら介護職員初任者研修を受講する方は、忘れずに職場へ伝えましょう。
時々こっそり受講して修了後に「取りました!」とサプライズしてくださるスタッフがいるのですが…
資格取得は嬉しいものの「もっと配慮してあげたらよかった!」と思ってしまいます。
サプライズは嬉しいものの、受講していることを教えてもらっていれば受講日に合わせて無理のないシフトにできたのにと。
スキルアップを目指すことは素晴らしいことなので、職場の先輩方は必ず応援してくれるはずです!

実際に、私の職場でも働きながら週1回頑張って受講したスタッフがいました。
受講前から相談は受けていたので、受講が決まってからはスタッフ全員で資格取得をサポート。
スクーリングの日の休みや夜勤の回数の調節など、職場への気兼ねなく十分に学習してもらいたいという想いからでした。
その期待に応え、受講した翌日の出勤ではさっそく学習した内容や根拠のある介護技術の実践…話を聞く私たちも改めて学ぶことが多かったことを覚えています。

最も嬉しかったのは「指導してくれていたことの大切さがもっと理解できました」と言ってくれたことです。
私たちが介護現場で実践しているインプットした後に、学習の現場での実技などでアウトプットすることで、より理解が深まったそうです。

もちろん介護の仕事は無資格でも働くことができますが、根拠のある介護の実践には正しい知識と技術の修得は不可欠、なのです。

初任者研修働きながら2

会社員として働きながら介護職を目指す方は

さきほど、介護現場で働いているスタッフが介護職員初任者研修を受講したときの話をし、働きながらでも受講できるとお伝えしました。

しかし、会社員から介護職へキャリアチェンジ転職される方は、介護職へ転職する前に修了しておきましょう。
無資格・未経験で介護現場に入る前に、介護職員初任者研修を修了(修了証が手元にある)ということです。

もちろん無資格・未経験で介護職へ転職し、介護現場で働きながらでも取得できます。
しかし、基礎的な知識やスキルがゼロから働くのと初任者研修全カリキュラムを終えた後とでは、働き方が異なり、資格取得後は業務もスムーズです。

また、介護職員初任者研修修了者では無資格の方に比べて、採用率が高く給料のベースアップも可能です。

会社員で働きながら休日や夜間などをうまく利用して無理なく受講していただき、介護の仕事を探すときには修了証が手元にある状態がベストでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
働きながら介護職員初任者研修は取れるのか、カリキュラムや修了試験の内容、スムーズに取得する方法についてお伝えしました。

介護の仕事は、無資格・未経験からでもできますが、基礎的な知識やスキルは待遇アップだけでなくご自身の介護観や実践力のアップにつながります。
介護職のキャリアパスをステップアップするためにも、介護職員初任者研修の資格取得をおすすめします。

130時間のカリキュラムを全て終えるのはしんどいこともありますが、自宅学習と通学を併用すれば効率よく学習できるでしょう。

働きながら取得するメリットも多い反面、デメリットとしてハローワークの求職者支援制度が使えないというデメリットがあります。
しかし、カイゴジョブアカデミーでは転職を検討している場合には、受講料が無料で資格取得を目指せるキャンペーンがあります。
介護紹介専門のキャリアアドバイザーによる就職・転職サポートが無料で受けられますので仕事探しも安心です。

ぜひ介護職員初任者研修の受講で、実りのある学習をしてください!

初任者研修を無料で取れるキャンペーンをみる

この記事の著者

吉田あい


大阪府出身 現役のケアマネージャー
専門は「高齢者介護論」「社会福祉援助技術論」
「介護現場におけるリスクマネジメント」

特別養護老人ホームや居宅介護支援事業所などの現場で、
介護職を10年以上経験。介護講師経験3年。
WEBライターとして、
介護・医療・転職・健康などのジャンルで執筆700本以上。

カイゴジョブアカデミーにて、介護の仕事や資格について、
実体験を踏まえたお役立ち情報をお伝えします。

【所持資格】
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・介護福祉士
・社会福祉士
・メンタル心理カウンセラー
など