実務者研修はハローワーク(職業訓練)で受講できるの?

実務者研修をハローワークで取得する女性現在介護業界に就職活動中の方は、求人情報サイト、求人情報誌、ハローワーク等で仕事を探していると思われますが、ハローワークの職業訓練で実務者研修を受講することはできるのでしょうか?
ぜひご一読いただき、これからの資格取得とお仕事探しにお役立てください。

1.ハローワークで実務者研修を取得する方法

 
ハローワークの職業訓練には求職者支援制度という制度があります。この制度は雇用保険をもらうことができない求職者が、新しい仕事に就くための資格試験、研修受講、技術訓練を、無料もしくは低負担で受けられるように支援する制度です。様々な資格取得や技術習得が対象となっており、介護福祉士の受験資格に求められる実務者研修も対象となっています。介護の仕事の求人はたくさんありますが、就職時に資格が求められること、就職後に資格取得を推奨されることも多いため、就職活動中の方は仕事を探しながら資格取得ができる求職者支援制度について知っておいた方が良いでしょう。
求職者支援制度とは資格取得を目的とするのではなく、就職活動を支援する制度になりますので、利用できるのは下記に該当する方となります。

  • ハローワークで仕事の申し込み(求職)をしている方
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 就職のために職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めた方

制度の利用に関しましてはお近くのハローワークへご確認ください。

2.ハローワークと民間スクールではどちらで取得する方がよいか

それではハローワークの求職者支援制度を利用する場合と民間スクールで受講する場合、どちらで実務者研修を取得するほうが良いのでしょうか。
下記に調べた内容をまとめてみます。

ハローワーク 民間スクール
・費用 15,000円前後 90,000~200,000円(保有資格なしの場合)
・受講対象者の制限 制限あり 制限なし
・受講場所 ハローワーク指定の場所 全国にある
・受講期間 約半年 約半年
・受講時間 平日 平日コースや休日コースなど多彩
・受講形式 通学 通信+通学、通学
・欠席時の授業振替の有無 なし あり

※記載内容はスクールにより異なる部分があります。

3.ハローワークで実務者研修を取得するメリットとデメリット

ハローワークで実務者研修を取得するメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

・受講費用

受講費用の負担が少なくなります。民間スクールでは、すでにヘルパー2級の資格を取得している方や介護職員初任者研修を修了している方であれば、50,000円程で受講できるコースもありますが、無資格の方が受講する場合は受講料が100,000円以上となる場合が多いでしょう。交通費やテキスト代は実費とはいえ、受講料の差は大きいと言えます。
 

デメリット

・受講場所

求職者支援制度を利用する実務者研修実施場所を調べてみると、開催場所が限られています。通学での受講となるため、お住いの地域によっては受講が難しいことがあります。

・受講時間

求職者支援制度を利用する実務者研修は、通学となるため基本的に平日9時~17時の間に設定されています。夕方や夜間、土日祝日のコースがない場合が多いです。

・受講人数

研修には受講定員が設定されています。募集人数が定員になると、次回の実施まで待たなければなりません。

・振替受講

ハローワークの研修では、受講の振替がない場合があります。

4.民間スクールで実務者研修を取得するメリットとデメリット

 
民間スクールで実務者研修を取得するメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

・受講場所

民間スクールの実務者研修は、全国各地で行われています。比較的都市圏が多いですが、都市圏以外の地域でも行っている場合があり、受講したい地域で受けることができるでしょう。

・受講時間

民間スクールの実務者研修での受講時間は、研修の実施団体によってかなり幅が広いです。
基本的に平日9時から17時までのコースが多いですが、夕方からのコース、土日祝日に開
講するコースなどを開催しているスクールも多くあるため、受講する方の都合に合わせて受講することができます。

・受講人数

受講定員が設定されている場合が多くあります。募集人数が定員になった場合は、近隣の違うスクールを検討するなど、ご自身の希望のスケジュールに合わせて受講できるスクールを選びましょう。

・受講形式に通信もある

一部の科目を通信で受ける通信コースを開催している民間スクールが多くあります。ただし、一部通学が必要な科目がありますので、通信と通学を組み合わせたコースということになります。

・受講の振替が可能

すべての受講の振替が可能なわけではありませんが、受講できなかった場合に、他の日に振り替えて受講することができる民間スクールが多くあります。

デメリット

・受講費用が高額になる

民間スクールの場合は受講費用が高額になります。無資格の方が実務者研修修了を目指す場合には、100,000円以上の受講費用が必要になることが多いでしょう。

5.ハローワーク以外で受講費用を抑えて実務者研修を取得する方法

それではハローワーク以外で、受講費用を抑えて実務者研修を取得する方法はないのでしょうか?一部の民間スクールでは、就職、転職を検討中の方に対して、一定の条件を満たすことで受講費用を割引する制度があります。また就業中の方でしたら、就業中の事業所で受講費用を助成する制度を設けている場合があります。

・転職をお考えの方は、弊社では無料で受講可能な制度があります。

カイゴジョブアカデミーでは、実務者研修を取得と同時に転職をお考えの方は、授業料とテキスト代が無料となる特待生制度があります!
転職先を紹介サポートしますので、受講した実務者研修を活かすことのできる職場を選ぶことができます。

こちらで、実務者研修を受講することができます。
実務者研修に関してはこちら

・給付金と補助金制度について

下記のような給付金、補助金制度があります。

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

雇用保険を受給できない方が、ハローワークにより職業訓練を受講する場合の職業訓練期間中の生活を支援する制度です。

・職業訓練受講手当

月額10万円の給付が受けられます。

・通所手当

職業訓練実施機関までの経路に応じた所定の交通費が支給されます(上限額あり)

・寄宿手当

訓練を受けるため同居の配偶者などと別居して寄宿する場合で、ハローワークが必要性を認めた方が対象となり月額10,700円支給されます。

・受給要件(すべてを満たす必要があります)

1.本人収入が月8万円以下
2.世帯全体の収入が月25万円以下
3.世帯全体の金融資産が300万円以下
4.現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
5.すべての訓練実施日に出席している
(やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上の出席率がある)
6.世帯の中に同じこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
7.過去3年以内に、偽りそのほか不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない
実際に給付を受けるための申請はお近くのハローワークへお問い合わせください。

介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度

各都道府県の社会福祉協議会が実施している介護職等として従事しながら実務者研修施設に通い、介護福祉士の資格取得を目指す人を対象に、受講資金等を貸付する制度です。受講費用を無利子で20万円まで貸付してくれます。
また、資格取得後2年間その社会福祉協議会の指定施設で従事するなど一定の要件を満たすことで、返済の免除等が受けられる場合があります。
   

教育訓練給付金制度

雇用保険の被保険者(在職者または離職中)であった人が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に、支払った教育訓練費の20%(上限10万円)が支給される制度です。

6.まとめ

ここまで実務者研修を、ハローワークを通じて受講することについてまとめてきました。費用面でのメリットは確かに大きなものですが、実際ハローワークで受講するためには申請等の手続きが必要となります。様々な補助金、給付金、助成金、特待生制度の利用をご検討いただき、ご自身に合った制度とスクールを見つけていただければと思います。

こちらで、実務者研修を受講することができます。
実務者研修に関してはこちら

介護の仕事はまだまだ人材不足であり、今後も要介護者の増加、重度化が進むことが予想されます。
この記事をお読みいただいたみなさまには、実務者研修を受講していただき、様々な場面に対応できる介護のプロフェッショナルとして活躍する介護福祉士の資格をぜひ目指していただきたいと思います。
ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。この記事が参考になりましたらシェアをお願い致します。

>>カイゴジョブアカデミーの初任者研修に申し込む

>>カイゴジョブアカデミーの資料請求をする

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる