介護福祉士は医療的ケア(喀痰吸引、経管栄養等)ができる?

利用者の介助をする女性介護職員介護施設では、入所者に介護サービスを提供する介護職の中心的な役割を担っているのは介護福祉士です。介護施設で生活する入所者には、喀痰吸引(かくたんきゅういん)や経管栄養(けいかんえいよう)といった医療行為が必要な方がいます。介護施設によっては、医師や看護師が常時いるわけではないため、介護職員が喀痰吸引や経管栄養を行うことを求められ、介護職員が一定の条件を満たすことで喀痰吸引、経管栄養を実施できることになりました。
ここでは、介護福祉士が喀痰吸引や経管栄養を行うための条件や具体的な手順などを説明しますので、これから介護福祉士を目指す方、これから喀痰吸引、経管栄養を行う介護福祉士の方は必見です。

介護福祉士ができる医療的ケアとは?

介護福祉士の行える医療的ケアには、喀痰吸引と経管栄養の2つがあります。それぞれの業務内容は後述しますが、ここでは介護福祉士が医療的ケアを行えるようになるまでの流れを説明します。
介護福祉士の資格を取得するまでに学習した内容によって、医療的ケアを行うまでの流れが変わります。2015年度より前は、介護福祉士の資格取得までに「医療的ケア」についての学習が必須ではなかったため、喀痰吸引等研修(基本研修と実地研修)を、2015年度以降に介護福祉士の資格を取得した方は喀痰吸引等研修(実地研修)を受講する必要があります。
これで、「登録喀痰吸引等事業者」として登録している事業所において、医師や看護師の指示のもと、喀痰吸引、経管栄養を行うことができます。

認定特定行為業務従事者の認定とは?

2012年度以降、喀痰吸引、経管栄養を実施する方は、喀痰吸引等研修の修了後、都道府県へ申請し、「認定特定行為業務従事者」の認定を受ける必要があります。

喀痰吸引等登録認定行為事業者の登録とは?

介護職員が喀痰吸引等の医療行為を行うためには、所属している事業所が「登録特定行為事業者」であることが必要になります。登録行為事業者として申請するための条件は以下のようになっています。

医師、看護師等との連携確保

  • 喀痰吸引等の実施に際し、医師から文書による指示を受けること
  • 利用者の状態について医師、看護職員が定期的に確認すること
  • 医療従事者と介護職員とで適切な役割分担、情報連携が図られていること
  • 医療従事者と連携のもと、利用者ごとの喀痰吸引等実施計画書を作成すること
  • 喀痰吸引等実施報告書を作成し、担当医師に提出すること
  • 緊急時における医療従事者との連絡方法が定められていること

喀痰吸引等の実施内容及び実施記録

  • 喀痰吸引等の実地研修まで修了した介護職員等が業務を行うこと
  • 介護福祉士への実地研修実施方法が規定されていること
  • 安全委員会の設置が規定されていること
  • 安全性確保のための研修体制が確保されていること
  • 喀痰吸引等実施のために必要な備品が備わっていること
  • 衛生面を考慮した備品の管理方法が規定されていること
  • 感染症の予防、発生時の対応方法が規定されていること
  • 喀痰吸引等実施に対する利用者、家族への説明、同意手順が規定されていること
  • 業務を通じて知り得た情報の秘密保持措置が規定されていること

介護福祉士ができる医療的ケア種類と具体的な手順

それでは、介護福祉士が実施する喀痰吸引、経管栄養の種類と具体的な手順をご紹介します。

喀痰吸引

目的

喀痰吸引を行う目的は、自力で痰を排出することができない利用者の痰を除去すして、呼吸をしやすくすること、誤嚥を防ぐことになります。

具体的な手順

喀痰吸引の具体的な手順は以下のようになっています。

【準備】

  • 流水と石鹸による手洗いをします。
  • 医師の指示、看護職員からの吸引に関する注意事項や引継ぎ事項を確認します。
  • 利用者に体調の確認をします。

【手順】

  • 利用者の意思を確認します。
  • 吸引環境、利用者の姿勢、口腔内を確認します。
  • 流水と石鹸による手洗い、速乾性手擦式消毒剤で消毒必行います。
  • 器材を準備します。
  • 喀痰吸引を実施します。

【後片付け】

  • 器材の片付けをします。
  • 利用者の様子と吸引した痰を確認します。
  • その他の後片付けなどを行います。

【報告】
実施した内容を記録します。

注意点

介護福祉士が喀痰吸引を行う上での注意点は以下のようになっています。

【器材の衛生環境】
器材を清潔に保つこと、器材に触れる手指の消毒は重要になります。実施前に手指の消毒、器材の点検、実施後の清掃や消毒を確認しましょう。

【利用者への適切な声掛け、意思の確認】
介護福祉士は、医師や看護師から指示や指導を受けて喀痰吸引を行いますが、利用者へ説明し、同意を得ないと上手くいかないことがあります。
今から行うことを説明して、姿勢など協力していただきながら進めることが重要です。

【利用者の観察】
喀痰吸引の実施前後に、利用者をよく観察することは重要です。実施前には、口腔内や全身の状態を確認し、実施後には、呼吸状態や全身の状態、貯留物残留の確認などを行います。普段と違うことや気になることは看護職に報告しましょう。

【喀痰の状態】
痰は利用者の状態を把握するために確認します。色、粘性、においなど看護職へ報告することで、利用者の状態の変化に気づくことができます。

経管栄養

目的

経管栄養の目的は、栄養を経口摂取(口から食べること)ができないために胃や腸などの消化器官内にチューブを挿入している方へ、栄養を送り、栄養を摂取してもらうことです。

具体的な手順

経管栄養の具体的な手順は以下のようになっています。

【準備】

  • 流水や石鹸で手を洗います。
  • 医師の指示、看護職員からの吸引に関する注意事項、引継ぎ事項を確認します。
  • 本人の体調を確認します。

【手順】

  • 利用者の意思を確認します。
  • 必要な物品を確認して準備します。
  • 利用者の体位を調整します。
  • 注入物を確認して、注入容器を準備します。
  • 経管栄養を実施します。
  • 注入完了後、利用者の様子を確認します。

【後片付け】
器材の片付けをします。

【報告】
実施した内容を記録します。

注意点

介護福祉士が喀痰吸引を行う上での注意点は以下のようになっています。

【器材の衛生環境】
器材を清潔に保つこと、器材に触れる手指の消毒は重要になります。実施前に手指の消毒、器材の点検、実施後の清掃や消毒を確認しましょう。

【利用者への適切な声掛け、意思の確認】
介護福祉士は、医師や看護師から指示や指導を受けて喀痰吸引を行いますが、利用者へ説明し、同意を得ないと上手くいかないことがあります。
今から行うことを説明して、姿勢など協力していただきながら進めることが重要です。

【利用者の観察】
喀痰吸引の実施前後に、利用者をよく観察することは重要です。実施前には、口腔内や全身の状態を確認し、実施後には、呼吸状態や全身の状態、貯留物残留の確認などを行います。普段と違うことや気になることは看護職に報告しましょう。

【喀痰の状態】
痰は利用者の状態を把握するために確認します。色、粘性、においなど看護職へ報告することで、利用者の状態の変化に気づくことができます。

医療的ケアができるメリット

喀痰吸引や経管栄養ができることは、介護福祉士として業務の幅が広いということです。専門性の高さから、就職や転職の際に有利となるだけではなく、手当の支給がある職場もあります。

医療的ケアを実施するまでの資格の取得方法

医療的ケアを実施するまでに必要な資格をご紹介します。
前述している通り、喀痰吸引等を実施するまでに必要な資格は現在取得している資格の状況によって異なります。
大きく分けると、①医療的ケアについての基本を学習する資格、「介護福祉士(2015年度以降)」「喀痰吸引等研修(基本研修)」、②医療的ケアの実際を学習する資格「喀痰吸引等研修(実地研修)」があります。

介護福祉士

これから介護福祉士を目指す方は介護福祉士の資格取得が良いでしょう。
介護福祉士の資格を取得するためには、国家試験を受験し、合格しなくてはいけません。介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験ですが、受験する方の多くは実技試験免除の受験資格で受験します。筆記試験は、出題形式が選択形式、125問、試験時間220分、合格基準60%の正答。直近である第31回介護福祉士国家試験の合格率は約70%でした。
この国家試験を受験するための受験資格は以下のようになっています。

実務経験ルート

「実務経験3年以上」と「実務者研修」を修了することで、受験資格を得ることができます。

養成施設ルート

養成施設とは福祉系短期大学、大学、専門学校などで、養成施設を卒業することで、受験資格を得ることができます。

福祉系高校ルート

福祉科の高校を卒業することで、受験資格を得ることができます。

経済連携協定ルート

EPAに該当する外国から、日本に来て介護の実務経験を積むことで受験資格を得ることができます。

実務者研修とは?

介護福祉士を目指す方は、働きながら資格取得を目指せる実務経験ルートがおすすめです。実務経験ルートで受講しなくてはいけない実務者研修は、全国の資格のスクールで実施されているので、皆さんのお近くでも実施されているでしょう。

弊社の運営する『カイゴジョブアカデミー』では、全国の校舎で実務者研修を開講しています。実務者研修のスクールを探している方はぜひチェックしてみてください。

>>実務者研修を詳しくみる

喀痰吸引等研修(実地研修)

医療的ケアを実施するための「喀痰吸引等研修(実地研修)」は、研修を実施している団体が少ない研修なので、実施のスケジュールをチェックして、チャンスを逃さないように申し込みしましょう。

まとめ

喀痰吸引と経管栄養は医療行為ですが、一定の条件を満たす介護職が実施できます。実施できるようになることで、皆さんの専門性の高さと業務に対する意欲をアピールできるでしょう。
これから介護福祉士を目指す方は、資格を取得する過程で、医療的ケアについて学習しますので、ぜひ資格取得後に喀痰吸引等研修(実地研修)の修了までを目指していただきたいと思います。
この記事でご紹介した内容が、皆さんに役立てば幸いです。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

>>実務者研修を詳しくみる

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる