ヘルパー1級と実務者研修の違いは?介護福祉士の受験資格になる?

資格を取りたい男性介護職員以前あった「ホームヘルパー1級」は現在は廃止され、「実務者研修」になっています。過去にホームヘルパー1級を取得した方は「今も資格は有効なのかな?」「実務者研修と何が違うのかな?」「これから介護福祉士を目指すときにどうすれば良いのだろう?」など疑問に感じていませんか?
そこで今回は、ホームヘルパー1級と実務者研修の違い、ホームヘルパー1級を取得した方が介護福祉士を目指す方法についてご紹介します。

ホームヘルパー1級とは?実務者研修との違い

2012年度、これまで介護の資格として有名だった「ホームヘルパー1級」「ホームヘルパー2級」は廃止され、2013年度からは「実務者研修」「介護職員初任者研修」という資格制度に変わっています。
ホームヘルパー(訪問介護員養成研修課程)では、訪問介護員として働くために必要な知識・技術を学習していました。介護業務に従事する上で、訪問介護についての学習だけでは不足しているという認識から、実務者研修、介護職員初任者研修では、すべての介護事業所における介護業務に従事するために必要となる知識・技術を学習するカリキュラムになっています。
また、大きな違いとして、実務経験ルートから介護福祉士を受験する時に必要な要件を、実務者研修は満たすことができますが、ホームヘルパー1級では満たすことができないという違いがあります。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められる国家資格です。介護福祉士は介護の専門職として、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービス、訪問介護など、さまざまな事業所で活躍しています。
他の介護職と同じように介護業務全般に従事しますが、専門職として他の介護職員へのアドバイスや育成に関する業務を担うことが挙げられます。

ホームヘルパー1級から介護福祉士を目指すには?

それでは、以前ホームヘルパー1級を取得した方が、これから介護福祉士を目指す場合の資格取得までの流れをご紹介します。

受験資格

介護福祉士国家試験を受験するためには「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高校ルート」「経済提携協(EPA)ルート」の4つのルートがあります。この中でホームヘルパー1級を活かして受験するルートは「実務経験ルート」になりますので、ここでは「実務経験ルート」について説明します。
「実務経験ルート」では、介護等の実務経験を3年以上(従事期間1,095日以上かつ従事日数540日以上)と、実務者研修を修了することで受験資格を得られるルートです。この実務者研修は、これまで取得した介護の資格によって受講科目が一部免除になります。ホームヘルパー1級の場合、450時間の受講時間のうち、355時間が免除され、95時間の受講と医療的ケアの演習の受講で実務者研修を修了することができます。
このように、まずは実務経験を積み、実務者研修を修了することを目指します。

国家試験

介護福祉士は年に1回実施される国家試験に合格しなくてはなりません。この介護福祉士国家試験の詳細は以下のようになっています。

  • 筆記試験は1月、実技試験は3月に実施
  • 実務経験ルートで受験する場合は実技試験が免除
  • 筆記試験の問題数は125問、出題は5肢選択形式
  • 試験時間数は220分
  • 試験範囲は以下の11教科目
    1. 人間の尊厳と自立、介護の基本
    2. 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
    3. 社会の理解
    4. 生活支援技術
    5. 介護過程
    6. 発達と老化の理解
    7. 認知症の理解
    8. 障害の理解
    9. こころとからだのしくみ
    10. 医療的ケア
    11. 総合問題

難易度

介護福祉士国家試験の合格率は比較的高く、2016年度~2018年度は合格率が約70%になっています。国家試験の合格基準として、60%程度の正答率と試験科目11科目群全てにおいて得点が必要とされています。

受験対策

介護福祉士国家試験は合格率が比較的高いとはいえ、受験対策は必要です。もし受験対策に不安を感じている方は、資格スクールが実施している試験対策講座を受講すると良いでしょう。国家試験に合格できないことは、キャリアアップが1年遅くなるということなので、しっかりと試験対策を行いましょう。

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる

費用

ホームヘルパー1級を取得している方が実務者研修を受講する場合、カリキュラムが一部免除されることはお伝えしていますが、科目免除に伴い受講料が安価に設定されています。
「カイゴジョブアカデミー」では無資格の方は受講料が10万円ですが、ホームヘルパー1級をお持ちの方は受講料が5万円に設定されています。この割引率などは各スクールによって異なりますので、実務者研修を受講するスクールを選ぶときには、お持ちの資格による受講料にも注意してスクールを選びましょう。

>>実務者研修を詳しくみる

まとめ

現在ホームヘルパー1級では、介護福祉士を目指す場合の受験資格にはなりません。これから介護福祉士を目指す方は、実務者研修を受講する必要があります 。しかし、ホームヘルパー1級をお持ちの方は免除になる受講科目が多く、それに伴い受講料も大幅に割引されていますので、効率的に実務者研修を受講できます。
ホームヘルパー1級は、訪問介護で訪問介護員、サービス提供責任者として働く場合には今まで通り資格を活かすことができますが、これからのキャリアアップを目指す方は実務者研修の受講が必要になります。
ぜひこの機会に実務者研修の受講をご検討ください。
弊社が運営するカイゴジョブアカデミーでは、全国の校舎で実務者研修を開講していますので、ぜひお近くの校舎をチェックしてみてください。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

>>実務者研修を詳しくみる

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる