介護福祉士のメリット・デメリット

額を拭う女性介護職員『介護福祉士』は、介護職の資格のなかで唯一の国家資格です。現在介護職として働いている人は、キャリアアップに向けて介護福祉士の資格取得を考えている方も多いのではないでしょうか。そして「介護福祉士のメリットだけではなく、デメリットについても知りたい」「介護福祉士の資格を取得したら何が変わるの?」と感じている方もいるでしょう。
そこで今回は、気になる介護福祉士のメリット・デメリットについてまとめてみました。「介護福祉士を取得するか迷っている」という方はぜひご一読ください。

介護福祉士とは?

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められる国家資格であり、介護の専門職として知識や技術を有していることを証明できる資格です。
介護福祉士は、介護サービスを提供するほか、家族へアドバイス、共に働く介護職の指導・アドバイスなどを行います。介護の現場で、利用者や仲間から頼りにされる存在と言えるでしょう。

介護福祉士になる方法

介護福祉士になるには、1年に1回実施される介護福祉士国家試験に合格する必要があります。しかし、誰もが受験できるわけではなく、定められた受験資格を満たさなければいけません。
では、介護福祉士の受験資格とはどのような条件なのでしょうか。具体的に見ていきましょう。
現在、受験資格を得るには4つのルートがあります。介護福祉士養成施設の卒業者を対象とする「養成施設ルート」、福祉系高校の卒業者を対象とする「福祉系高校ルート」、介護業務の実務経験者を対象とする「実務経験ルート」、経済連携協定(EPA)による来日者を対象とする「経済連携協定ルート」です。
すでに介護の現場で介護業務に携わっている方の多くは「実務経験ルート」を選んでいます。3年以上の実務経験+実務者研修の修了という条件を満たすことで、国家試験の受験資格を得ることができます。また国家試験は実技試験が免除されるため、受験するのは筆記試験のみ。働きながら資格取得を目指せることが選ばれている理由となっています。

介護福祉士にデメリットはあるの?

では、介護福祉士の資格を取得するデメリットはあるのでしょうか。答えは「デメリットはありません」。
もちろん、資格を取得するにあたって実務者研修を受けなければならなかったり、試験勉強をしなければならなかったり、介護職として働きながら勉強時間を確保することは大変なことです。しかし、取得前にこういった苦労があるにせよ、実務者研修や試験勉強を通じて新たな知識や技術を得ることは、介護職としてスキルアップにつながります。むしろ、取得したことによって多くのメリットを得ることができます。

介護福祉士はメリットの方が多い

介護福祉士を取得すると、以下のようなメリットがあります。

さらなるキャリアアップの役に立つ

介護福祉士の資格取得はキャリアアップに役立つというメリットがあります。「将来は管理者としての仕事に就きたい」など、介護業界でキャリアアップを目指す方は、必ず取得しておきたい資格です。また、介護福祉士として実務経験を積むことで、介護支援専門員(ケアマネジャー)を目指すこともできます。

収入が上がる

給与面でのメリットもあります。介護福祉士の資格を取得することによって、基本給アップや資格手当による給与アップが期待できます。また、前述したように管理職に就くことができれば、さらなる給与アップも見込めるでしょう。介護福祉士を取得するまでの努力に対して、形ある評価があることで資格取得の意欲が増します。

利用者・職場からの信頼を得られる

利用者や職場からの信頼を得やすいというメリットもあります。国家資格である介護福祉士を取得することで、介護の専門職として証明できるので、利用者や家族に安心感を与え、より信頼を得やすくなります。また、介護福祉士が勤務していることは、職場にとっても大きな強みです。現場を引っ張ってくれる介護福祉士がいることで、職場の介護サービスの質の向上が向上し、利用者、家族の満足度も変わります。

転職に有利

転職・就職におけるメリットです。介護職の求人情報は、未経験者や無資格者も応募を可能にし、積極的に採用しています。しかし、即戦力として期待できる介護福祉士を優遇している求人情報が多くあります。また、介護福祉士は国家資格として日本全国どこでも通用する資格なので、引っ越しを伴う転職でも有利に働きます。

これから介護福祉士を目指す方へ

介護福祉士の資格を取得すると、多くのメリットがあることがおわかりいただけたでしょうか。
「介護福祉士にチャレンジしたい」と思った方は、実務経験ルートの受験資格に必要な実務者研修のスクールを探しましょう。実務者研修では、スクーリングが必要な科目があるため、お近くのスクールを選ぶと良いでしょう。
カイゴジョブアカデミーでは、全国各地の校舎で実務者研修を開講していますので、ぜひチェックしてみてください。

>>実務者研修を詳しくみる

受験資格を満たした方は、しっかりと受験対策をしましょう。介護福祉士国家試験の合格率は約70%と高い数値ですが、合格するために受験勉強は欠かせません。受験勉強に不安を感じる方は、試験対策講座等の受験対策が良いでしょう。
カイゴジョブアカデミーの試験対策講座は4日間と短期間で受講しやすく、各科目のポイントを押さえたカリキュラムで集中的に学習できます。興味のある方はチェックしてみてください。

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる

まとめ

国家資格の介護福祉士を取得することによるデメリットはなく、多くのメリットがあります。介護福祉士は、利用者や家族から頼られる存在として、また介護の現場で中心的な役割を果たす職員として活躍しています。高齢化が進む日本では、介護職は今後ますます需要が高まる職業です。
本記事をきっかけに、介護の現場で働く皆さんに介護福祉士を目指していただければ幸いです。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

>>実務者研修を詳しくみる

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる