介護福祉士の働き方や服装は?

清潔な女性介護職員と男性介護職員介護福祉士の資格は取得したけど、実際はどのように働くのかイメージがつかめないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では介護福祉士の仕事内容と働くときの服装について詳しくご説明します。介護福祉士の働き方について詳しく知りたい方は、ぜひ一度この記事に目を通してみてください。

介護福祉士の働き方について

まず、介護福祉士の働き方について職場や雇用形態別にご説明します。

職場による働き方の違い

同じ介護福祉士の有資格者でも勤務先によって働き方は異なります。ここでは、勤務先によってどのような働き方の違いがあるのかをご紹介します。

入居系介護事業所

入居して生活を送る介護事業所では、入居者に24時間体制で介護サービスを提供します。具体的な勤務先には、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設(老健)・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)などがあります。これらの介護事業所で介護福祉士は、入居者の食事、入浴、排泄の介助や、掃除、洗濯などの日常生活の支援を行い、勤務時間は、夜勤、早出、日勤、遅出などのシフト制で働きます。

在宅系介護事業所

在宅で生活するご利用者を支援する介護事務所では、訪問介護、通所介護(デイサービス)などの介護サービスがあります。
訪問介護事業所では、ご利用者の自宅等へ伺い、食事、入浴、排泄の介助や、調理、洗濯、掃除などの支援を行います。介護福祉士は、直接介護サービスを提供するホームヘルパーとして働く以外にも、訪問介護計画を作成するサービス提供責任者としても活躍しています。勤務時間は、訪問介護事業所の営業時間によって異なりますが、日中帯での勤務が一般的です。
デイサービスでは、ご利用者の送迎を行い、デイサービスに通うご利用者に介護サービスを提供します。こちらも食事、入浴、排泄の介助、機能訓練や集団で行うレクリエーションなどを行います。勤務時間は、日中帯での勤務が一般的です。

雇用形態による働き方の違い

次に、雇用形態による働き方の違いをご紹介します。

正社員

正社員とは、一般的に雇用期間の定めがない労働契約で雇用されている職員です。特徴としては、給料が月給制であること、フルタイムで勤務していること、社会保険に加入していることが挙げられます。
特に24時間のシフト制で働く職場では、夜勤も含めてすべての時間帯で働くことになります。

非正社員

非正社員とは、雇用期間が定められている雇用形態のことを言います。アルバイトやパートなどがこれにあたります。特徴としては、給与が時給制であること、短時間勤務などが挙げられます。社会保険は労働時間によって加入できます。
本人の勤務希望時間に合わせた働き方ができるため、家庭と両立させたい方や育児中の方が、この働き方を選んでいます。

介護福祉士の服装や靴、髪型について

ここでは、介護福祉士がどのような服装や靴で働いているのかご紹介します。

服装

ユニフォームを用意している職場では、ユニフォームを着用します。ユニフォームがない場合は、動きやすく、ストレッチ性に優れた素材の服が良いでしょう。ユニフォームがない職場では、服装について「装飾品はついていない服」「清潔感のある服」などの決まりがあるので、確認するのが良いでしょう。

こちらもユニフォームと同じく用意している職場もあります。用意されていない職場では、歩きやすく軽い靴が良いでしょう。また職場によって脱ぎ履きしやすい靴が良いケースがあります。
「靴ひもはNG」「サンダルはNG」などの決まりについて確認しましょう。

髪型・その他

髪型

髪が長い場合は縛るなど、介護業務に支障が出ないようにします。髪の色については、職場に確認しましょう。ここでも清潔感を求められることが多いようです。

その他

その他にも化粧はナチュラルメイクが推奨されていたり、マニキュアの色についても決まりがあったりしますので、不明な点は職場に確認しましょう。

まとめ

これまで見てきたように、介護福祉士の仕事内容、働き方、服装などは職場によって異なります。ここでご紹介した内容を参考に、皆さんが介護福祉士として働くイメージができれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

>>実務者研修を詳しくみる

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる