介護福祉士の5つの魅力

利用者に寄り添う女性介護職員介護施設・介護事業所など、様々な介護の現場で活躍する介護福祉士。その登録者数は年々増加しています。一方で、介護福祉士の資格に興味はあるけれど、取得するメリットがよくわからないという方も多いのでは?
そこで今回は、「介護福祉士」の魅力をご紹介します。介護福祉士の資格に興味がある方は、ぜひご一読ください。

介護福祉士とは?

まず、介護福祉士とはどのような資格なのか、確認しておきましょう。
介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められる国家資格です。受験資格を満たした上で国家試験に合格すると、取得することができます。介護福祉士の仕事内容は、介護の現場での介護業務が主となりますが、介護業務以外にもご利用者やご家族へ介護に関するアドバイスや、介護福祉士以外の介護職員の指導などを行うことがあります。

介護福祉士の5つの魅力

それでは、介護福祉士の魅力を5つのポイントに分けてご紹介します。

資格手当で給料アップ

1番の魅力として、給料がアップすることが挙げられます。多くの介護事業所が、介護福祉士の資格保有者に「資格手当」を支給、または基本給のアップなどを実施しています。資格手当の金額は、月額約10,000円~20,000円が多いようです。介護福祉士は介護の資格で唯一の国家資格。資格を取得するための努力が評価され、給料が上がることは仕事のモチベーションアップにもつながるでしょう。

転職に有利

転職活動に有利であることも魅力の一つです。無資格でも働くことができる介護業界ですが、資格の有無は就職や仕事に対する意識を判断する材料の一つです。また、即戦力を期待している介護福祉士の資格を条件にしている求人情報があるので、就職に有利な資格です。

リーダーへの道

介護の現場には、無資格者、基礎的な研修を修了した方など様々な職員が働いています。介護福祉士は介護の専門職として必要な知識・技術を習得していますので、介護職のリーダー的な人材がいる場合、介護福祉士から選ばれることが多いでしょう。また、他の介護職員へ指導することは、やりがいや自己成長にもつながります。

ご利用者の安心感

介護福祉士は国家資格であることから、ご利用者やご家族から信頼を得られやすいことも魅力です。国家試験に合格したことで、介護の専門職であることを国が証明していることになります。介護に不安を抱えたご利用者やご家族にとって、介護福祉士は頼もしい存在です。専門職として信頼されることは、その仕事を行う上で魅力になるでしょう。

さらなるキャリアアップ

介護業界では、介護職だけでなく様々な職種が活躍しています。介護福祉士を取得することで、訪問介護のサービス提供責任者、特別養護老人ホームやデイサービスの生活相談員の資格要件を満たすことができ、国家資格に基づく実務経験を積むことで介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を満たすこともできます。他の職種も視野に入れて働くことができる点は魅力です。

介護福祉士を目指すあなたに

様々な魅力がある「介護福祉士」の資格。ここでは、これから介護福祉士の資格取得を目指す方へ資格の取得方法を説明します。
前述していますが、介護福祉士の資格を取得するためには、1年に1回実施される国家試験に合格しなくてはいけません。この国家試験には受験資格を、「養成施設ルート」「実務経験ルート」「福祉系高校ルート」「EPAルート」のいずれかで満たす必要があります。
ここでは、多くの受験者が選択している「実務経験ルート」について説明します。実務経験ルートでは、「実務経験3年以上」と「実務者研修の修了」が必要になります。このルートは、介護の現場で働きながら資格取得を目指せるルートなので、おすすめです。皆さんの現在の状況によって資格取得までの道のりが違うので、保有資格ごとに説明します。

無資格の方

無資格者は、まず介護職員初任者研修を受講するのがおすすめ。こちらは介護福祉士の受験資格に直接は影響しませんが、介護の基礎知識を身に付けることで、実務経験を積むための就職に役立ちます。また、学習した内容は実務者研修の科目免除を受けることができるので、学習した内容が無駄になるわけではありません。
弊社が運営する『カイゴジョブアカデミー』では介護職員初任者研修の講座を開講しています。条件を満たせば無料で資格を取得できる特待生制度がありますので、ぜひチェックしてみてください。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる

介護職員初任者研修を修了している方

介護職員初任者研修を修了している方は、次のステップとして実務者研修を受講しましょう。介護職員初任者研修と比べてより実践的な内容を学習します。実務者研修は450時間の受講時間ですが、介護職員初任者研修を修了している方は一部科目が免除され、受講時間が320時間になります。
『カイゴジョブアカデミー』では、実務者研修の講座も開講しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

>>実務者研修を詳しくみる

実務者研修を修了している方

実務者研修を修了している方は、実務経験を満たして、国家試験の準備をしましょう。介護福祉士の国家試験は例年1月に実施されています。合格率は約70%と、国家試験の中では比較的高い合格率ですが、試験対策をする必要があります。受験に不安を感じている方は、資格のスクールや出版社が開講している試験対策講座の受講がおすすめです。
カイゴジョブアカデミーでは4日間の短期集中の試験対策講座を開講しています。介護福祉士の試験対策講座については、こちらからチェックしてください。

>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる

まとめ

介護福祉士の資格の魅力をお伝えしました。取得することで様々なメリットがあり、専門性を高めることで仕事へのモチベーションアップに繋がります。ぜひ、介護福祉士の資格取得を検討してはいかがでしょうか?
実務経験ルートから受験資格を満たすのは、働きながら国家資格を取得できるという点でおすすめです。皆さんの状況に合わせたステップを踏んで、資格取得を目指しましょう。
この記事が参考になったという方は、ぜひシェアをお願いします。

>>無料になる初任者研修キャンペーン(特待生)を詳しくみる
>>実務者研修を詳しくみる
>>介護福祉士の受験対策講座を詳しくみる