介護福祉士を取得するまでの費用は?

介護福祉士取得するまでの費用介護現場で活躍する介護福祉士。介護職として働いている皆さんは、国家資格である介護福祉士を取得するまでにどのくらいの費用がかかるのか気になっていませんか?
介護福祉士の資格取得までは複数の受験ルートがあり、受験ルートごとに費用が大きく異なるため、どの受験ルートが自分に合っているのか調べる必要があります。どの受験ルートにするか迷っている方は、この記事に一度目を通しておきましょう。

介護福祉士とは?

介護福祉士は、介護職の中で唯一の国家資格であり、介護の専門職として様々な場所で活躍しています。
「社会福祉士及び介護福祉法」に定められ、社会福祉士、精神保健福祉士と並び、3福祉士と呼ばれています。介護福祉士を取得するためには、年1回実施される国家試験に合格することが必要です。そしてこの国家試験を受験するためには、受験資格を満たす必要があり、複数設けられている受験資格を満たすまでの道のりを「受験ルート」と呼んでいます。

介護福祉士取得に掛かる費用は?【受験ルート別】

それでは、介護福祉士の国家資格を取得するまでにどれくらい費用が掛かるのかを、受験ルートごとにご紹介します。

実務経験ルート

概要

介護職として働きながら、実務経験から受験資格を満たすルートです。
ここで必要になるのは「実務経験」と「実務者研修」です。
「実務経験」とは、従業期間3年(1095日)以上、かつ従業日数540日以上です。これは、国家試験を受験する年度の末日までに満たす必要があります。
「実務者研修」は、全国各地の資格のスクール等で実施されている研修で、無資格の方は450時間、約6ヵ月の期間をかけて受講します。保有資格により、受講科目が一部免除になるので、有資格者は受講時間が短縮できます。

費用

このルートで必要になる費用は、実務者研修の受講費用になります。
弊社が運営する『カイゴジョブアカデミー』では、無資格者は100,000円、介護職員初任者研修やホームヘルパー2級保持者の場合は82,000円、そして介護職員基礎研修修了者であれば30,000円で受講が可能です。詳しくは『カイゴジョブアカデミー』のホームページをご覧ください。

>>実務者研修の受講料を詳しくみる

養成施設ルート

概要

介護福祉士養成施設を卒業することで受験資格を満たすルートです。
2016年度までは介護福祉士養成施設を卒業することで介護福祉士の国家資格を取得できましたが、2017年度からは、介護福祉士国家試験に合格することが必須となりました。この介護福祉士養成施設に通学する期間として、高等学校を卒業の場合は2年以上、福祉系大学や社会福祉士養成施設、保育士養成施設等を卒業している場合は1年以上が定められています。

費用

このルートで必要になる費用は、養成施設の学費になります。学校の種類によって異なりますが、おおよそ100~200万円の学費が目安となっています。

福祉系高校ルート

概要

福祉系高校・福祉系特例高校を卒業することで受験資格を満たすルートです。

費用

このルートでは、通常の高校を卒業するまでの学費と同程度の学費が必要になります。最終学歴が高校卒業以上の方は、このルートは該当しません。

経済連携協定(EPA)ルート

外国国籍の方が介護福祉士候補生として来日し、実務経験を積むことで受験資格を満たすルートです。費用については略させていただきます。

その他の費用

その他、すべての受験ルートで共通して必要になる費用を説明します。

介護福祉士国家試験の受験費用

介護福祉士国家試験の受験料は、15,300円です。

介護福祉士の登録に掛かる費用

介護福祉士国家試験に合格した後、登録手続きを行うことで、登録証が交付されて介護福祉士を名乗ることができます。
この登録手続きでは、登録免許税9,000円と登録手数料3,320円がかかります。

まとめ

費用を抑えて介護福祉士の資格取得を目指すなら実務経験ルートがおススメです。そして実務経験ルートで必要になる費用は、実務者研修の受講料です。
実務者研修は「通信コース」であっても通学が必要な科目があるので、通学しやすい環境のスクールを選ぶ必要がありますが、その中で受講料を比較することは必要になるでしょう。
この記事でご紹介した内容が、皆さんの介護福祉士取得の一助になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

>>実務者研修の受講料を詳しくみる

>>介護福祉士を詳しくみる